コンペで考えた事

週末はノースフェイスカップの本戦でした。
僕は土曜日で敗退したので、他の人の観戦とかしながら色々考えました。
そして結論は、

「誰でも世界一を目指せる」

ということ。

とりあえずコンペの結果はD2で20位でした。
まあ、実力通りかと思います。



そして次回はもっといい成績を残せるように頑張ろう、と思う訳です。やるからには一番を目指したい。
だけど、僕が今からどんなに努力をしても世界チャンピオンにはなれない。
日本チャンピオンにもなれない。
埼玉チャンピオンにもなれない。

僕にはクライミングの才能が無い。
クライミングの才能に溢れた少年少女が元気いっぱい登っている姿を見ると本当に羨ましい。
彼らは軽々と僕を飛び越えて、世界を舞台に勝負するようになる。
僕は、いったい何をしているんだ…、そうして悲しい気持ちになるのです。

世界の舞台で活躍するアスリートたちは物凄く輝いて見えるし、物凄く楽しそうだ。
そんな世界に憧れるけど、僕にはもう無理だ。
そんな風に輝けるのはゴク一部の特別な人間だ。

でもさ、クライミングの才能に恵まれていない子供たちも大勢(というかほとんど全員)いるよな。そんな子たちは、生まれながらに世界チャンピオンにはなれないって決まってるのか?どんなに努力しても無駄だと定められているのか?
その通りなんだけど、もしかしたらその子は別の才能があるかもしれない。ある分野では世界的に活躍出来るかもしれない。

だったら僕は?
何か世界チャンピオンになれるような才能があるか?
それはわからないんだけど、きっとあるんだと思う。五輪メダリストと同じぐらい努力すれば、世界を舞台に活躍できる何かがありそうな気がする。
今はまだ漠然とした概念的なものだけど、努力と経験を積み重ねていけば「これなら世界中の誰にも負けない」という物に辿り着きそうな予感がしている。

そんな美しい未来を見つめながら、毎日少しずつでも成長できるような生活を送ろう。

そうそう、チッペは3位でした。
クライミングで世界と勝負出来ちゃいそうだね。

DSC06985.jpg

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR