瑞牆で大面岩左稜線を登った

昨日は瑞牆の大面岩左稜線に行ってきた。
大面岩は初めてです。

土曜日は弟の結婚式だったんだけど、3次会まで出て、仮眠してそのまま瑞牆へGO!
8時頃駐車場到着。
どう考えても岩はびちゃびちゃだけど、とにかく足が遠退いてしまうことが嫌だったので、とりあえずアプローチ開始。

アプローチはほとんど登山道なので楽でした。十一面正面壁よりずっと楽です。
最後の枯れ木で埋まったルンゼを登りきった岩壁直下がわかりにくいけど、まあ、わかれば楽です。

前日までの雨で、壁はテレテレでした。
「ニューモンダージュ」のチムニーは滝でした。

9時頃登攀開始。

1p目:登らず

2p目:Ⅳ級のトラバースから5.7のスラブ。チッペのリードだけど、なかなかロープが伸びず。濡れたスラブは5.7でもやばいわな。正直、ここで敗退の可能性もあると思ってたけど、頑張ってフリーで超えていきました。よく頑張ったね、偉いね、チッペ。

3p目:そのまま切らずにチッペが伸ばしました。歩きみたいなもん。

4p目:歩きみたいなもん。次回からはここまではコンテでやるつもり。

5p目:5.10bのスラブ。トラバースで岩を回り込んだ裏のスラブなのでクライマーが見えず、ビレーも緊張する。チッペは苦労しながらもフリーで突破。ここは乾いていてラッキー!

6〜7p目:つなげて僕がリード。つなげても全然問題ないです。むしろ切る意味がよくわからん。5.10aのスラブ。んで、A0しちゃった。濡れてたとか捻挫してるとか色々あるけど、チッペは普通にフリーで登ってきて「簡単だったね!」だって。あー、僕、弱すぎるわ。
リハビリ中ってことで今は許せるけど、そろそろスラブもクラックも真面目に登りたいなぁ。
この6〜7pはスッキリしたスラブで気持ちがいい!

8p目:核心の5.10aOWだけど、岩の表面をサラサラと水が流れて滑滝状態で敗退。けど、登攀意欲をそそられるクラックで、次のトライがワクワクします。

7p目の終了点から懸垂。大面岩の下降で困ってる記録は見た事ないので適当に降りる。55mぐらい降りて木で切る。高さ的にはもう1回で降りられそうだけど、ごちゃごちゃしてるので合計3回で取り付きへ。下降は支点がいくらでもあるし、傾斜もあるので簡単でした。

懸垂しながら眺めた「ニューモンタージュ」がかなり格好良くてドキドキ。
次回は「ニューモンタージュ」+「左稜線」だな。

13時頃、取り付きに着いて、15時には車に乗ったけど、家に着いたのは20時。
うーん、やっぱりこれからは夜中まで登ってから帰らないと時間がもったいないな。

ってことで、微妙な感じのクライミングだったけど、大面岩の概念も掴めたし、よしとしよう。
早く梅雨明けろー!


Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.

Re: タイトルなし

こんにちは!
あの時のお二人ですね。瑞牆に通ってらっしゃるのですね!
僕たちは今年は瑞牆中心で登ろうと思っているのでまたお会いできるかもしれないですね!
これからもよろしくお願いします!
プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR