岩場のマナーのこと

今日も塩原!

最近、岩場のマナーが話題になることが多い。
マナーについても人それぞれ考え方が異なるってことも感じる。

例えば、twitterで
「人のマットを泥で汚す奴がいてけしからん」
的な発言に対し、
「そんな事気にするなよ」
みたいな発言とかあったり。
(正確に引用したわけではありません。こんな雰囲気のことがあるっていう例です)

他にも
「人が登ってる時にタバコ吸うな」
とか
「集団で騒いで目ざわり」
とか
「ガンバって言われすぎると集中できない」
っていうような意見を最近目にした。

どれももっともな意見なので、僕も気をつけないとって思ったわけです。

騒がないようにしないとな…
本気トライの人がいたら集中力をそがないようにしないと…
ガンバって言いすぎてはダメだ…
他人のマットは汚さないように気をつけて…
写真とか撮ってたら不快に思う人いるかな…
岩場でカップラーメンなんて作ったら匂いとかでダメかな…
海ならまだしも山で上裸って非常識だよな…


で、マナーを守ろうと、緊張しながら登り始めたわけです。
けど、いざ岩場で登り始めると、タバコ吸う人はいるし、騒ぐ人も居る。
けど、僕は全然気になりません。

うーん、これがマナー?
こんなマナーはっきり言って守っても守らなくてもどうでもいい。

で、考えたんだけど、「挨拶」が最も大切なマナーではないですか?

岩場に来て、明るく元気に挨拶すれば、もう仲間。
タバコ吸われても、騒がれても、マットを汚されても、全く気になりません。

逆に、何も悪い事してなくても、挨拶せずになんとなく同じ課題にトライして、登れずに岩とか蹴ってたら、
「登れない悔しさを岩に当たり散らすなんてけしからん」
とか言われそうです。
この人がもしも周りに挨拶していればそんな風には言われない気がします。

なので、これからはしっかり「挨拶」することにします。
そうじゃないと、何が周りを不快にさせるかわかったもんじゃないから。

クライマーのみなさん、「挨拶」して、楽しく登ろうぜ!
お互いに元気に挨拶するだけで、不快に感じる事は激減するはずだから!
挨拶こそが最強のマナー!

で、今日の話。
「バラカ後半部」(初二段)を落とすつもりできたけど、結局登れず。

マントルが出来ないのです。
むー。

サルは激悪のスラブを楽々登るのに。
IMGP0338.jpg

おらっち弱いね。
IMGP0348.jpg

けど、この課題、すっごい楽しい!
だから、おらっちガンバ!

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

No title

今日見させてもらいました。
あまりの熱いマントルにガンバ連呼してしまいました。
確かに自分で勝負したいタイミング以外の時にガンバ連呼されると困る時ありますね。
ま、それでもシーンとしているよりはマシですが(笑。

分かります。
岩場のマナー、人情と常識の紙一重な感じがします。
ただ、同じクライマー同士、仲間だったら気にしないし、要は節度があるように振る舞うように、コミュニケーションが大切だと思います。
自分はそれが出来るよう、心がけて楽しみたいですね。

No title

うーん。ヒトの感じかたは それぞれ違うからね。出来るだけ一人一人を尊重すれば摩擦は起きにくいし、グループが幅を利かせることもないんじゃないかな。
でもボルダーやってて、あまり不快な目には会ってない。
ルートだと順番待ちだのなんだのイライラすることも多いけどね。
気になるのは過剰なチョーク跡かな。
プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR