英語の勉強をすることにした

英語の勉強を始める事にしました。

最終的な目標は「ネイティブスピーカーと普通に会話ができるようになること」です。
これが達成できれば、人生における選択肢がめちゃめちゃ広がるんじゃないかって思うんです。

海外で出会ったクライマーと友人になれる
国際認定山岳医として海外の登山隊をサポートできる
航空自衛隊員として外人と交渉し日本を守る

考えるだけでわくわくしてくるね。

まずは、自分の英語力を分析。
一応、日本における受験英語的なやつは人並みにはやった事になってると思うんだけど、英語は苦手だったし、嫌いだった。それでもセンター試験は9割以上はコンスタントにとれたし、偏差値も東大合格レベルには達していたと思う。一般的にみたらかなり優秀な英語学習者でしょう。
大学に入ってからはほとんど英語に触れることもなく今に至る。
1年ぐらい前に職場で受けさせられたTOEICは興味も無かったので自分の点数すら把握してません。

で、1週間前に自分でTOEC模試ってのをやってみたら450点ぐらいでした。
ま、そんなもんでしょう。大学受験直後ならもう少し高かったと思うけど、今はこんなもんです。
というか、おそらく一流大学を卒業した普通の社会人4年目とかってだいたいこんなもんなんじゃないでしょうか?

これがどのぐらいの能力かと言うと

「相手が日本人向けに丁寧に話してくれれば一応理解出来るしそれに対する返答もなんとかできる。つまり海外での生活で困る事はほとんど無い。」
「子供用の本ならなんとなく読めるけど、新聞とか雑誌は頑張ってもあまり理解出来ない」
「字幕無しの映画は台詞を理解する事はほとんどできない」

ってぐらいです。
海外での生活で困る事がほとんど無いってのが曲者で、これが逆に英語上達を妨げてしまってる気がします。
これまで何回も海外旅行してるけど、その度に「英語できるようになりたいなー」と思いつつも放置してたのはここに原因がある気がします。

英語は、海外に行ったからできるようになるものではなくて、勉強して初めてできるようになるものなんだと思います。
だから金と時間を犠牲にして勉強します。

「通じればいい」「外国で過ごせば自然に喋れるようになる」「聞き流していれば自然に身に付く」「時間と金がもったいない」

英語に金と時間をさく事に否定的な味方をする人も多い気がします。
しかし、そういう人で英語をまともに喋れる人っているのでしょうか?
おそらく、TOEIC900点以上で、ある程度外人とまともに会話できる人は、金と時間を使って勉強したはずです。

では、具体的にどうするか。今の所、2年間、英語に集中してみようと考えています。
まず、自分の実力はTOEICで測定します。TOEICは僕が求める英語力に関してはかなり正確に実力を反映した点数を出してくれる気がします。
とりあえず今年中に760点以上、来年の春には860点以上までいきたいです。そのぐらいで英語の基礎ができたって感じでしょう。
その後はアウトプットに重点を置いた勉強に切り替えて、実際に使う機会も増やせればいいなあ。その頃にはTOEICは950点以上になってるはず。これ以上の英語力はTOEICでは測れないので、別の試験を探そうかな。僕の場合、試験とかないとモチベーションが維持出来ないので。

さて、今年の冬は山にも行きたいし、5.12のクラックもやりたいし、英語もやりたい。
おそらく人生のうちで一番心も体も充実している今、全力でやる。
おらっちガンバ!

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR