NOSE敗退で考えた事



NOSEは敗退した。
(記録は「尾根の向こう」をご覧下さい)
エルキャップタワーでロープを1本落としたからだ。

しかし、直接的な原因はそれだけど、それに至る小さなミスや心の動きはたくさんあった。

一番の原因は僕の心の弱さにあったと思う。
4ピッチ目までのロープFIXで、僕たちの実力の無さを思い知った。
もう少し正直に言えば、チッペの登攀スピードが予想以上に遅かった。
僕とタカ氏でガンガン攻めれば登れるだろうとも思った。
だけど、それでいいのか良く分からなかったし、なんだか自分たちの力で登ったって感じも薄れてしまうだろう(タカ氏もそこら辺は考慮してくれ、僕たちの計画に口を出すことはほとんど無かった)。
それで僕は「来年、もっと力をつけてから出直してもいいのではないか?」と感じていた。
この僕の気の迷いが、パーティーの足を引っ張ってしまったのは確実だ。

僕は、比較的慎重に山に登る方だと思う。
基本的に起こり得る最悪の状態を想定して行動しようとしている。
その結果、弱気になって敗退する事が多い。

それなのに、悪いピッチなどでは突っ込む事も多い。例えば落ちれば死んでしまうような状況の時でさえ。
5.9ならまず落ちることは無いから突っ込める。
これは強さの一つではあるけど、リスクが高い事に変わりは無い。

camp4の焚火の前でタカ氏に言われた。
「ルートに対しては強気で、ピッチに対して慎重に挑むべきです」

なるほど。
僕は、これが逆なのだ。
NOSEという大きなものに対して慎重になりすぎ、各々のピッチや細かい作業などがいい加減になってしまっている。
本当は、自信を持ってNOSEに挑み、一歩ずつをより慎重に、確実に登っていくべきだったのだ。


さて、今年の冬は何をやるか?

12月に甲斐駒継続を考えていたが、やっぱりこれはやめようかと思っている。
これはもの凄く魅力的なラインだけど、タカ氏が考えた登山であって、僕の登山ではない。
今の僕には実力も合っていないので、結局、弱気な気持ちで挑むことになってしまいそうだ。

その代わり、冬休みにチッペと2人で、自分たちで計画した山行をするつもりだ。
僕にとって熱いラインを北アルプスに引こうと思っている。
やっぱり自分で計画を練っていると、ドキドキしてワクワクして、やってやろう!って気持ちになる。
このルートに対しては強気で計画しよう。
そして安全第一でピッチを刻もう。

やるぞー!
おらっちガンバ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR