万太郎本谷に行ってきた

昨日から万太郎本谷に行ってきました。
チッペはお仕事で僕だけ夏休みなので、1人でお散歩です。

詳しくは「尾根の向こう」に明日レポートUP予定です。

夏休み真っ最中で賑やかなのかと思ったら、誰も居なくて本当に1人での遡行を楽しめました。
僕は、1人で沢の途中で泊まるのは初めてだったので微妙に緊張してました。
特に、天気予報で夕立に注意と言っていたし、前日も激しい夕立があったので、夕立に対する備えに気を使いました。

とりあえず、早めにビバークポイントに到着したいので、あんまりはしゃいだりしないで真面目に遡行しました。
一ノ滝までは順調だったので、思い切って一ノ滝はフリーソロしました。普通は高巻きだけど、登るとしたら右壁ってことらしい。けど、ルーファイするとどうも左壁の方が登りやすそうだし、いざとなれば灌木でセルフをとれそう。ってことで左壁にチャレンジ。
一ヶ所嫌らしくて緊張したけど、ちょうど楽しめるぐらい(4級ぐらい?)でした。
ただ、荷揚げ用ロープ(30m)の長さが足りず、途中でピッチを切ることに。灌木が使えてよかった―。
そして荷揚げの途中でひっかかり、にっちもさっちもいかなくて、色々工夫して、荷揚げに30分以上かかってしまった。ヨセミテが心配だ。というか、もっと細かくピッチ切って、その都度荷揚げするとか、なんか工夫すべきだったな。
そして、この荷揚げでザックとザックの中の防水の袋に穴が開きました。
ハハハ。
沢登りって愉快だね。

二ノ滝は軽く登って、ビバーク準備。

全ての物が浸水したので、大乾かし大会実施。太陽さん、ありがとう。
夕立が来る前提で、ビバーク地の選択、ツェルトの張り方、服の乾かし方、焚火の位置、色々な事に気を使い、夕立が来た時の行動を常に頭の中でシミュレーションしながらのビバークでした(結局、夕立は来なかったけど)。

翌日は一般的な核心の三ノ滝フリーソロからスタート。
一段目は楽勝。二段目は右の細い水流を登ってブッシュの中をトラバース。ちょっと緊張。荷揚げするかどうか迷ったけど、面倒くさくてそのまま登った。

あとは稜線目指してひたすら登る。
最後まで簡単なクライミング気分を味わえ、藪こぎ無しで肩の小屋。なんという親切設計。

万太郎山を越えて、吾策新道で下山。
下山舐めてた。
這う這うの体で車に辿り着きました。

写真は「尾根の向こう」を見てね。なるべく明日UPします!

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR