CATSを見てきた

職場の飲み会の翌日。
天気予報も悪いので登りにもいかず、とりあえず美味しいと評判のラーメン屋へ。

ラーメン屋は東京エレクトロンホール宮城のすぐ近く。

「ああ、そう言えばCATSやってたな」
「見る?」
「見よっか」

ってことでどうにか空席があり、CATSを見ることになりました。
とりあえずビーナッツで登って開演時間まで待って、いよいよ開演。



客席に足を踏み入れると、いきなりびっくり!
客席まであふれんばかりのゴミの山。ゴミが大きくて猫の世界に入り込んだ錯覚を起こさせる。ステージと客席が完全に一体化された舞台装置で、これだけでテンションあがる。

ステージと客席の境目が無いので、幕ってやつもなくて、気がつくと猫たちがその辺を歩きまわっている。
猫たちの動きがしなやかで、いきなりCATSの世界観に惹きこまれる。
うーん、これは期待できそうだ。

と思っていたんだけど、なんだかよくわからないまま前半終了。

これはまずいと思い、ネットでCATSのお勉強。

なるほど、このミュージカルはよくわからなくてしょうがない奴なんだ。
特にストーリーがあるわけでもなく、明確なメッセージ性があるわけでもない。
どちらかと言うと、踊りと歌を楽しむ系なんだと思う。あとは、この世界観と、猫たちと深く親しくなっていくのを楽しむんだろうな。確かに猫の名前を覚え、それぞれの性格とかを認識すればより楽しめると思う。
けど、オンサイトでは無理。
レッドポイントできるほど時間も金もないし。

ということで、踊りと歌を楽しむしかないんだけど、凄く良い!ってほどでもなくて、まあ、こんなもんかなって感じだった。

歌に関しては、メモリーを歌う女性が唯一、納得できるレベルで、それ以外の歌はお世辞にもうまいとは言えなかった。特に最後を締めくくる重要な男性の歌はもう少しどうにかならないものか。せっかくの舞台の最後があの歌で終わっていいのか?

踊りに関しては僕は完全に素人なのでなんとも言えないけど、感動的ではなかった。
スポーツとしてのダンスの方が圧倒的な力強さを感じる。
当然ミュージカルはダンスだけしてればいいってわけではないからダンスの質が落ちるのはしょうがないけど、やっぱり芸術はスポーツに勝てないと思う。

ということで、期待したほど良かったとは言えないけど、それでも楽しい時間を過ごせました。
これからもミュージカルとか演劇とか積極的に見てみよう。

帰りに夕食のために寄った店がめっちゃ旨かった。
特にオムレツに感激!なんか、なんちゃらファームの卵なんだって。
CATSよりこのオムレツに感激した日でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR