家族で富士山に登ったよ

今話題の富士山に両親と、チッペの父と弟の6人で登ってきました。

その前日は秦野の山岳スポーツセンターで青鬼レスキュー訓練。
僕はファーストエイド的な何かを担当しました。

今後も定期的に開催して、意識・技術共に高めていけたら素晴らしいですね!

夜はサワガニを捕まえて食べました。
P7060051.jpg

さて、翌日から富士登山。
50代と60代の親たちを無事に登頂させ下山させるのが僕たちの使命です。

天気も良いので、敗退のリスクとしては高山病ぐらいしか考えられません。ということで徹底的に高山病の予防をします。
呼吸法と水分摂取、ゆっくりな歩行を心がけ、とにかく無理しないペースで歩きます。
父はどうしても日常での歩行スピードが抜けなくて前へ前へと出ようするし、母は強がって自分の弱点である膝痛を隠そうとするし、チッペの父は水分摂取が苦手なようだし、チッペの弟はザックがめちゃくちゃ重いし(出発時に減らした)、頂上直下では厳しい感じになるかもなーって思ってました。

初日は7合目の東洋館まで。
この山小屋はリニューアルしたばかりらしく、とても綺麗だし、なんかザックとか運んでくれたりして、僕、町でもそんな扱い受けた事ないんですがって感じでした。
部屋も敷布団に寝袋つきだし、夕飯もハンバーグに御飯はお代わり自由でとても快適。僕は夕食後の18時から3時まで爆睡でした(僕のいびきで周りの人は眠れなかったらしい)。

翌日、暗いうちに出発。
夜景と星空が素晴らしかった。
そして御来光。
P7080184.jpg
今回は御来光が目的ではなかったけど、それでもやっぱり無彩色の世界にオレンジ色の輝きが広がってどんどん色彩豊かになっていく様子は感動的。

ゆっくりゆっくり歩いて、誰も高山病にならずに吉田口頂上に到着。
太陽が温かく、風も穏やかで、のんびりと過ごすことができました。
時間に余裕があるので御鉢周りに挑戦。
ダイナミックに変化する周囲の景色と迫力ある火口の岸壁が楽しいルート。
しかし剣ヶ峰に到着する時には雲の中に入ってしまい、視界は無く風も強い。両親たちは明らかに疲れているけど、こんな環境では休憩しても寒くて消耗するだけなので、時々立ち止まる程度で先を急ぐ。

すると雪渓が。
こんな時のためにしっかり軽アイゼンを準備しておきました。前回の金峰山でも使ったしね。
ということで、無事に難所を切り抜けて御鉢周りも成功!

あとはだらだら下山するだけ。
ほぼ予定通りに下山して温泉入って帰りました。

誰かを連れていく登山っていう経験はほとんどないけど、これはこれでいい経験になったし、親たちにとっては一生の思い出になったのでは?
P7070131.jpg

話は変わるけど、富士山って落し物がめちゃめちゃ沢山あったんだけど。
グローブとか靴下とかシャツとかタイツとか。
特に多かったのは帽子。その中でも可愛かった子供用のポケモンの帽子を使わせてもらいました(写真のやつ)。
万が一、心当たりのある方がいれば連絡下さい。

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR