FC2ブログ

谷川岳の烏帽子南稜を登った

日曜日に谷川岳の烏帽子南稜を登りました。
チッペがカナダから帰ってきた週末、天気も時間も中途半端な感じで何をするか迷ったけど、初めて谷川のバリエーションをやってみることに。
これが大正解!

初めての一ノ倉沢なので素直に南稜。
核心は一番に取り付くこと。落石のリスク、時間切れのリスク、事故に巻き込まれるリスク、全て1番に取り付くことで大幅に少なくできます。しかし、前日の夜は用事があって前泊はできない。となれば早起きするしかない。

という事で、1時30分に自宅出発。
3時30分、ロープウェイ駐車場着。



これでは出合幕営組に負けてしまうので、林道を小走りでアプローチ。
出合ではテントが数張り。ここからが勝負。

P6170020.jpg

雪渓はアイゼン無しでも突破できるだろうけど、装着した方が早いと判断。
ほぼ雪渓の上を歩いてすぐにテールリッジに到着。乗り移りも問題無し。
同時着の2人組と、すぐ後ろにも2人組。

P6170041.jpg

テールリッジはFIXがあるので、がんがん登る。
このぐらいのペースで登ると大抵のパーティーはついて来られないけど、後ろの2人組はむしろ差を詰めてきているように見える。
どうやらうちらを抜かすつもりのようだ。

P6170034.jpg

中央稜には既にクライマーが取り付いている。今のところ南稜に人は見えないが、テラスまでは確認できない。

P6170056.jpg

南稜テラスに到着すると誰も居らず、無事に核心突破!
あとはのんびりクライミングするだけです。
テールリッジにも雪渓にも大勢のクライマーが居ます。30分遅かったら大変なことになっていたでしょう。

クライミングは終始霧の中。
暑くないのは良かったけど、濡れた岩が滑って思った以上に苦戦。
特に最終ピッチは外傾スタンスが滑って怖くて、カチを真面目に握りこんで登った。

P6170066.jpg


後ろの2人組は初心者連れにも関わらず良いペースで登ってきて、すぐに追いつかれる。でも、その後ろはついて来ないので、うちら2人と後続2人の4人でのんびり登る雰囲気。前も居ないし、後ろも居ないし、後続のお2人も同年代で色々お喋りできるし、楽しく登ることができました。

僕たちは当然、稜線に抜ける予定。
登れば雲の上に出られそうな予感だし、こんな渋滞ルートを懸垂で下りるなんて絶対に嫌だ。

終了点からは適当に踏み後を登る。
ルーファイによってはちょっと嫌らしい草付きなんかを突破することになりそう。
僕たちはどうにかロープを出さずに5ルンゼ頭着。

P6170081.jpg

突然、雲の上に出て、すぐ近くに山頂が現れた!
途中の脆い岩で一回ロープを出した。

P6170096.jpg

これまでの霧の中から一気に視界が開け、気分は最高!

P6170105.jpg

2000mに満たない山でこんなにダイナミックに景観が変化するなんて。
林道の駆け足、雪渓歩き、霧の中のクライミング、嫌らしい草付き、雲海を突き抜けて稜線へ!

P6170112.jpg

P6170117.jpg

谷川岳頂上は大勢のハイカーで賑わっていました。
西黒尾根をサクサクっと降りて14時頃下山。
ちょっと渋滞はあったけど17時半に帰宅。
自宅で改めてチッペの帰国祝いをしました。

初めての一ノ倉沢はとても気持ち良かったです。
これも全て1番に取り付けたからですね。これからも核心突破がんばります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR