北海道でアイスクライミングしてきたよ

旭川で狩猟生活を送っているというGT氏を訪ね、北海道に行きました。



金夜に職場から直接北海道へ。
旭川空港までGT氏が迎えに来てくれて、そのまま飯。北海道は塩気の強いものが多く、僕の口に合います。
「焼肉を食べ終わった後の焼肉のタレを飲まないなんて信じられない」と言う僕の考えに同調してくれる人に出会えたことがこの旅一番の収穫でした。
その夜は茶さんも合流し3時まで飲んでた。

土曜日は、層雲峡のパラグーフォールへ。

08.jpg

今シーズンはアイスクライミングばっかりやっているけど、やればやるほどあんまり面白味を感じられなくなっちゃっいました。上達を感じられていた時期は楽しかったけど、ある程度登れるようになっちゃうとスポーツとしての楽しさはほとんど無くなってしまうように思います。
でもドライは面白い!
パラグ―右側の細いクラックラインは単純なフッキングだけでは登れない、中々の好課題でした。経験が少なくてグレードのことはわからないけどM6とか?(写真はレオナ氏)

レオナ氏は5.14のスーパークライマーらしいけど、そんなこと知らず「しっかり引き付ければいいんですよ」とかアドバイスしちゃった自分が恥ずかしい。雪があったら潜りたい。

夜はGT宅でチッペが捌いた刺身や山形県名物の中華鍋などを茶さんが持ってきた高級日本酒などと共に。
この日も笑ってばかりの愉快な1日でした。

日曜日はカミホロ。
既に引退気味の僕は山登りなんてやらずにゲレンデトップロープでブランコごっこしたかったけど、早朝からチッペとGTが岩ギアの用意を始めて、僕が起きた時には「はい、じゃあペコマはこれ持ってね」とチッペに巨大トライカムを渡されたので、嫌々ながらカミホロに向かう。

06.jpg

カミホロでの「良い天気」は通常の意味とは正反対らしい。
そんな「良い天気」での登攀を楽しむことを「ビバカミホロ」と言うらしい。

07.jpg

アプローチは平和だったけど、化物岩取り付き辺りで風が強まり、稜線近くはかなり強風でした。
「これはビバなのか?」とGTに聞くと「これはプチビバ」とのこと。風は気持ち良いけど、雪とホワイトアウトが足りていないらしい。

09.jpg

化物岩全景。
北海道では入門のアルパイン道場だけど、八ヶ岳よりは傾斜も環境も厳しい。
次は正面壁でビバカミホロしないととダメかなあ。嫌だなあ。

夜はジンギスカン。
だけど混んでて順番待ちだったので、その間に寿司。
この日は肉の王子様などにも遭遇することができて、とても有意義でした。

月曜日は層雲峡の銀河の滝へ。
渡渉はアイゼン装着すれば登山靴でOK。
でもチッペはこんな感じ。

04.jpg

アイスクライミングはつまらないけど、高い所に登るのは楽しい。
日本にはでっかい滝が少ないので、手軽に200m近く登れる銀河の滝は素晴らしいです。

05.jpg

傾斜は緩いのでアイスクライミングとしても簡単。
ただし、雪の処理やグズグズになった氷や巨大クラックや水の流れなどへの対処があって「駆け上がる」って雰囲気ではありませんでした。もうシーズン終了って感じ。

ラーメン食べて、空港まで行って帰京。

毎日登って、食って、飲んで、笑って、楽しい日々でした。
次はGTが捕った熊を食べに行きます。
茶さん、GT、ありがと!

03.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR