日光月山で雄滝と雌滝を登った

二年前に同人青鬼が発表した日光月山の滝を再登しに行きました。
二年前はまだアイスクライミングを本格的にやっていなかったので雄滝をリードできる実力は無かったけど、今年はやれちゃうんじゃないかな!と期待を込めて。

初日は僕とチッペで雄滝。

1p目ペコマ。
遠くから見ると薄くて「えー、登れるのー?」って感じだったけど、意外と安定している。
風向きによっては土砂降り状態でビチョビチョになって終了点へ。

2p目チッペ。
これまた遠くから見るとシャンデリア状で「えー、登れるのー?」って感じだったけど、意外と安定している。
僕もチッペも自然の滝でハング越えとかしたこと無かったけど、チッペは安定感のある登りで難なくクリア。強い!



3p目ペコマ。
遠くから見ると上部がつながっていないようで「えー、登れるのー?」って感じだったけど、普通につながっていました。
バーチカルだけどオウカクを拾えるので簡単。

P2250466.jpg

下降は左岸から懸垂2回。
なんか残置物(写真の赤い紐×2)があったので回収しました。

P2250481.jpg

懸垂支点として使われたのは明らかななんだけど、木に直掛けできる状態で捨て縄を使う理由がよくわかりません。
僕の知識が無いだけなのかも知れないけど、捨て縄を使うメリットが何かあるのでしょうか?
ゲレンデ化したような人気ルートなら残置物を利用して下降するのは許容できるけど、これまで残置物が一切無いエリアに残置物を残すのはそれなりの理由と覚悟が必要な気がします。
もしも、もしもだけど、「次のクライマーが降りやすいように目印として…」のような意味で残置しているなら本末転倒。未来のクライマーに対して初登者と同じ楽しさを最大限残すことがクライマーの義務だと思っています。
日光月山氷瀑群はいつまでもゴミの無い綺麗なエリアであってほしいものです。

夜は宴会。
なんだか呑みすぎて色々喋っちゃった気がするけど、もう忘れたからどうでもいいや。

P2250509.jpg


2日目は雌滝。

1p目と2p目、つなげてチッペ。
ロープが伸び続けるのでしょうがないから同時登攀。チッペったら欲張りなんだから。

3p目ペコマ。
ちょっと攻めて氷柱状を登った。下部がシャリシャリで後悔した。

P2260527.jpg

雄滝はマツエイシハラとシブヤマウチが登攀。
写真は2p目フォロー中のマツエイ。カッコイイ!

P2260540.jpg

無名滝は悲惨な状態。

P2260547.jpg

雄滝も西日がガンガン当たってもうヤバそう。
日光月山氷瀑群も今シーズンは終わりかも知れません。
来シーズンも多くのクライマーに楽しんでもらえるといいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは。
残置は木が痛まないように。ではないですか?
私も敢えて残置しない派ですし、松のようにかえってダメになる木もあるようですが。
なので、どっちでもいいと思いますが、ここはゲレンデではないのですか?

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!
直がけでロープが痛むとは聞いたことありますが、木も痛むんですね。
このエリアがゲレンデかそうでないかは定義が無いので何とも言えません。ただ、やっぱり自然をそのまま楽しむって観点から言えば極力残置物は残したくないなぁ、とは思っています。

No title

写真右にひこばえが見えますので
スタックする可能性はあると思います。
あと今回の条件ではないですが
ズブ濡れロープで太い木ですと直掛けですと
摩擦抵抗で一切ロープが引けない状況に陥ります

ゲレンデで育った貴方には解らないと思いますが
アルパイン(ゲレンデじゃない)や沢やってりゃ当然の知識です
自分なら残置します

自然云々やクライミング環境云々より「安全」です。
ダメでしょうか?

PS 木の表皮がキズ云々は「現在 今」しか見てないマスターベーション 木が肥えた時点で樹皮に食い込みますので・・・

No title

コメントありがとうございます!
安全最優先、当然ですね。残置の理由もよくわかりました。
ありがとうございました。引き続きご指導よろしくお願い致します!
プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR