戸台で「象の鼻」を登った

戸台で「象の鼻」を登りました。
本当は米子に行くつもりだったんだけど大雪を恐れて戸台に変更。けっこう冷え込んでいたので「一番星」か「七丈ノ滝」か「象の鼻」のどれかはいい感じだと期待して。

初日は偵察。
七丈ノ滝沢をつめると、「おお!象さんいるじゃん!」
見事な鼻がテラスをがっちり掴んでいます。見たこともない巨大な傘が耳を形成。なんと登っているクライマーもいました(M目さん?)。
こりゃやるしかない!



取りつきまでは七丈ノ滝F1を登って斜面をつめるんだけど、F1上部が普通に水の流れる滑滝状態なので左から巻いた。
今登っているパーティー(M目さん?)のトレースはF1登ってるんだけど、どういうこと?
取り付きにギアとロープをデポして下降。

夜は丹渓山荘。
チッペからチョコレートをもらいました。
ピッチ決めじゃんけんは負けてしまったのでチッペがメインの4ピッチ目を担当。ってことで1,3が僕。2,4がチッペです。最近チッペのじゃんけん力が上がってきている。僕も修行しなければ。

P2110293.jpg

絶対に1番に取り付きたいので、翌朝は2時に起床し、4時出発。
明るくなると同時に登攀開始。
朝日に染まる仙丈ケ岳が美しい!

1ピッチ目(Ⅵ-)ペコマ
3段にわかれたカーテン状。つららっぽくて気持ち良くはないけどそんなに難しくもない。要所で立って休めるので気持ち的にも楽。
このグレードをリードするのは初めてだけど、まあ、無難に登れたんじゃないかな。

P2120306.jpg

突き当りのハング下まで登って終了。

2ピッチ目(Ⅳ-)チッペ
バンドを左にトラバースするんだけど、途中がつながっていなくてドライに。
昨日のパーティーは一段下をトラバースしたようだけど、時すでに遅し。しょうがないので振り子で渡って、フォローはツララを利用してセルフ繰り出し。

P2120320.jpg

トラバース突き当りの氷柱で終了。

3ピッチ目(Ⅴ+)ペコマ
一部バーチカル氷柱だけど短い。ほとんどⅢ程度。ただ、今まで見えてなかった「鼻」が間近に迫り気分は高揚!
背後に広がる空間を感じながら最高の氷散歩を楽しめます。
終了点は「鼻」が伸びあがる2畳ほどの快適テラス。このテラス、最高!鼻の周りを1周回れます。

4ピッチ目(Ⅵ-)チッペ
いよいよ鼻の登攀。
この写真で快感は伝わるでしょ?

P2120352.jpg

この上には小さな傘(耳は巨大な傘なんだけどその左隣にも小さな傘がある)があって、この傘と岩との間をステミングとかしながら抜けて、傘の上に立って終了。氷の発達状態によってラインは変わるみたいだけど、今回のラインもすごく楽しかった!

下降はトポの通り左の樹林帯から抜けようと思ったんだけど、結局、滝のラインに出てしまい同ルート下降。前日のアバラコフを利用させてもらいました。樹林帯から降りるならもっと思い切って左まで行かないとダメでした。

そんなこんなで「象の鼻」はバリエーション豊かでとっても愉快爽快なルートでした。
グレードの事はよくわからないし(正直簡単に感じたので状態が良かったんだと思う)、天気とか色々な条件もあるけど、カナダも含めて今までで一番楽しいルートだった!

昨シーズンまではⅤのリードなんてほとんど経験無かったし、ましてやⅥが半分を占めるマルチアイスなんて登攀対象として捉えることもありませんでした。
カナダで修行して少しは自信がついて、こんな素晴らしいルートにトライできるようになったということが本当に嬉しいです。

次はあんなルートやこんなルートがやりたな!
おらっちガンバ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR