山中伸弥先生の講演を聴いた

昨日はiPS細胞で有名な山中伸弥先生の講演を聴きました。

医学生向けの講演だったのでサイエンティフィックな内容はほとんど無いにも関わらず、とても充実した内容でした。



内容についてぐだぐだ記してもしょうがないので、山中先生が「絶対に覚えて帰ってね」と言っていた2つのことを紹介します。

1つめは英語の勉強をすること。
これは最初から最後まで言い続けていました。山中先生は30歳から4年間米留し、その後もずっと英語で仕事をしているにも関わらず今でも英語で苦労しているそうです。おそらく、僕から見たら不自由無く英語を使っているように感じるんだろうけど、それでも英語で苦労しているってことは、僕の英語のレベルでは到底やっていけません。
僕が真面目に英語をはじめたのは2年前の30歳の時です。山中先生が米国に行ったのと同じ年齢です。
大学院にいる間に何とか研究者として恥ずかしくない程度の英語力は身に着けたいものです。
というか、ネイティブってせこくないか?ノンネイティブが一生懸命英語の練習をしている間に、奴らは研究を進められる。ネイティブEnglishスピーカーは生まれながらに研究者として有意な立場に居るんです。ま、しょうがないか。

2つめはVision and hard workが大切と言っていました。
日本人はhard workは得意だけどvisionを持たない、と。visionを持つことで医者として研究者としての仕事が充実する、と。
僕は大学院生としては自分の研究のvisionを持っている方かなと思っていますが、もっともっと具体的なvisionを持つべきでしょう。それからhard workはまだまだ。
僕にとってのworkは研究活動だけではなく山に行くことも含まれています。
一心不乱に勉強し、一心不乱に登る、そんな大学院生活を送りたいです。
なんだかワクワクするね!

ってことで、週末はアイス。

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR