あけおめことよろ。2017年の抱負とカナダの生活。

明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願い致します。

さて、2016年の年明けは「精神と時の島」でした。
その時の抱負として、

①山に登る
②ボルダリング強化
③走る
④研究者として勉強する
⑤さらなる飛躍の準備
⑥居心地のいい家にする

の6項目を挙げていましたが、

①に関しては達成したとは言えませんが、そのかわりNOSE登攀成功と言う大きなイベントがあったのでまあ良いでしょう。
②は左手を痛めたせいで最近は十分に登れていないけど、一年間で考えれば少しは成長したかも知れません。
③に関しては通勤ランを実践しているし、トレランの大会にも出ました。フルマラソンも目標に掲げていたけど、これは達成できず。
④は大学院生として勉強しております。
⑤もまあそれなりに。
⑥僕にとっては居心地がいいです。

これを受けて今年の抱負。

①研究者として成果を出す
1つは高山病レビュー論文を発表すること。僕が専門にしている高山病に関しては、生理学や臨床的な話題を中心としたレビューはあるものの、分子生物学的メカニズムに焦点をあてたレビューはありません。誰もやらないなら俺がやる。ってことで、今年中にこれをまとめちゃいます。
2つめは博士論文の目途をつけること。レビューを書いても博士にはなれず、博士論文のための実験をして結果を出さなければなりません。2年後に留学したい(カナダかスイスを検討中)のでそれを考えると今年中に博士論文の目途をつける必要があります。この研究が高山病のメカニズム解明に少しでも役立つのであれば最高です。

③登る
登ることは重力に逆らう行為なので、エネルギーを必要とします。つまり登る意思が無ければ登れないのです。今年はこれまで以上に登ることに集中します。具体的な目標等は別の機会に。

④走る
山の基本は体力です。心肺機能と山での体力が全く同じとは思わないけど、心肺機能を高めることは山でも非常に有効だと感じています。実際に島で走るようになってから山での活動が楽になりました。ということで通勤ラン継続。トレランとフルマラソンの大会も1回ずつでいいから出場したい。

⑤山岳医療発展に向けた行動をする
日本は山岳環境に恵まれた国なのに、残念ながら山岳医療が充実しているとは言えません。山岳医と言う資格があるものの日本では何の実効力もありません。これでは山岳医制度の存在意義が無いし、山岳医療の世界標準から遅れをとってしまいます。これを何とか改善するような活動をします。

以上5項目が今年の豊富です。

さて、今はカナダでアイス修行中ですが-30℃では寒すぎるので今日はレスト。

P1020022.jpg

生活面での写真を少々。

街のウサギ。
逃げない。



街のジム。
リードするにはテストに合格する必要がある。来てる人のほとんどが初心者で子供から老人まで。ちなみにアイスゲレンデもそんな雰囲気。日本のストイックな雰囲気は皆無。

P1020010.jpg

街のレストラン。
基本的にアメリカより旨いけど日本よりはまずいと思う。高いけどサービスはそれなりに良い所が多い。

P1020019.jpg

明日からは寒さが緩むので少し難しいルートにも挑戦しようと思います。
おらっちガンバ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR