金華山ボランティアに参加した

先日、金華山ボランティアに参加しました。
「金華山」は宮城県にある島で、観光名所として有名な場所です。
仙台クライマーの間では「宝島」と呼ばれ、良質なボルダーエリアとして親しまれています。

さて、この島は東日本大震災の震源地に最も近い場所ということで、当然大きな被害を受けました。
島を訪れる観光客はほとんど居なくなったようです。

僕は2回ボルダリングをやりに行き「ここは全国のクライマーが遊びに来る価値のある場所だ」と感じました。
エリアを公開するかどうか、どうやって開拓するのかなど、考えるべきことは沢山あると思うけど、とりあえず島に人が戻らないと何も始まりません。

ということで、今後はクライマーも島に深く関わることになると感じ、ボランティアに参加しました。

作業内容は土砂で埋まったダムの復活。
つまり、ひたすら土嚢に土を入れてダムの外に出すのです。
季節外れの雪の降る中での作業でした。

殆どの方は日頃からこういう仕事をしているようで、とても慣れた様子でした。
チッペなんかは陸上自衛隊なので、こちらも手慣れたもの。
僕はというと、同じ自衛隊でも航空なので土木作業なんてやったこともありません。でも、クライマーだって動けるんだって知ってほしくて一生懸命働きました。

過酷な労働環境だったけど、みんなが本当に明るく、楽しそうに働いていました。

復興がどうとか、ボランティアがどうとかって事ではなくて、「働く」って素敵なことだなって感じました。

まだまだ元の状態に戻るには時間がかかると思うけど、確実にエネルギーが満ちてきています。
このエネルギーが爆発し、日本中からクライマーが訪れるようになる日も遠くないんじゃないかな。
もう少しで東京に異動になるけど、東京に行ってもこの島を見守り続けようと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR