fc2ブログ

海川不動川でアンモナイト探しの沢登りをした

「あれ、いつの間にか火星にいるんだけど、地形図あってる?」
「日本最強のくびれ谷」
として有名な海川不動川に行ってきました。
メンバーは、僕とチッペとリッキーという一緒に山歩きを始め、一緒に成長してきたトリオ。
楽しくないわけがない!

結論から言うと、沢は明るく極端に突破が困難な場所もなく、大人の遊園地といった雰囲気で、正直、少し拍子抜けした部分もありました。
しかし、これは先人が残した情報と残置物のおかげであって、決して自分たちの実力を過信しているわけではありません。
アプローチや下山についてはけんじりに聞いたし、詳細な遡行図もネットや書籍から入手できました。他のパーティーの記録も読みました。

それを踏まえた上での、僕たちの沢登りの記録です。

車は粟倉の村に入る分岐近くの広いスペースに駐車。同所前泊。
装備を整え、歩行開始。

3人分のギア:キャメ2番まで、小さいのは色々とりまぜ6本ぐらい。ハーケン類色々7枚。ハンマー2本。ユマール用のアセンダーとマイトラを2セット。アブミ1セット。リングボルトキット。細いスタティックロープ30m1本。スリングやビレイ器など。
最低限の幕営具と食料。ウェットスーツ上下着用。その他、常識的なものたち。

村に入ってから分岐は右に行きたくなる気持ちがあるが、左へ。舗装道が大きく左に曲がる部分で、直進する未舗装路へ。
道は徐々に荒れて、よくわからなくなって入溪。
大きな岩を乗り越えながら30分ほど歩くと堰堤に。


最初の核心部?

堰堤を乗り越えるとすぐに不動滝。

3.jpg
想像よりもでかい。

4.jpg
これは素直に高巻く。

が、泥の急斜面と藪でストレスフル。トラバースに入ってからも気が抜けず、全行程で最もリスクを感じた。そうは言ってもロープを出すほどではなく、無事に河原に降り立った。

5.jpg

ここからは、怒涛の泳ぎと滝登り。
だいたい、誰かが空身で突破して、全員分の荷揚げを担当。突破できないメンバーがいればお助け紐で引っ張り上げたりとか。

6.jpg

上の写真の滝だけは、6本ぐらいのボルト架け替えA1。抜け口奥の流木にフィックスして、フォローはユマール。

8.jpg

水量は多くないので、流されることが問題になることは無いです。
もちろん、滝の近くの白泡や水流変化で滝に取り付くことが難しいってことはありました。

さて、下の写真は深い釜を持つハングした1m滝です。
おそらく、この滝を水線沿いに突破した人はいないと思います。

9.jpg

通常は釜の手前から右岸に登って、へつるか懸垂で突破しているようです。
本来、登山は弱点をつくものだけど、既に登られているのであればより困難(または美しい)ラインを求めなければならないでしょう。
なんて言うのは半分冗談だけど(半分本気だけど)、こう言うの、どうしてもトライしたくなるんだよね。

10.jpg

20分ほど粘ったけど、結局登れませんでした。もう少しだったんだけど。
ウェットスーツを脱げば軽くなって登れたかもなー。

13.jpg

その後も独特な形状の滝が次から次へと出てきて飽きません。

12.jpg

火星に形容される沢だけど、そこまで異様な雰囲気には感じませんでした。
これまでにも似たようなゴルジュは体験してきたような気がします。ただし、そのクオリティーが長く継続するのが素晴らしい!

14.jpg
通常はA0の滝を、リッキーがフリーで突破!

登れない滝(トライすらしていないが…)を小さめに巻くと、アブキ河原に到着。
ここは素晴らしいビバーク地。
側壁は消えて、水の流れは穏やかで、樹は大きくて、ゴルジュのオアシスです。

19.jpg

20.jpg

さっそく薪を集めて火をつけて、プシュ!
こんな幸せって他に知らない。

翌朝はオアシスを離れて上部ゴルジュへ。
ここまでの登攀でギアはほぼ必要ないことがわかったので、最小限の荷物で。

ボルトエイド必須であろう4段滝の2段目にはうまいこと流木が架かっていて楽勝。

21.jpg

4段目の滝は念のためロープで確保。

黒く大きな淵の最奥を二条滝が塞いでいる。
淵をなす側壁がハングしている為か、ここは陽も届かない。
滝を二条に隔てるチョックストーンの下には1畳ほどのスペースがある。
爆流の裏のスペースに立つと、胸の高さに凹んだ棚に気が付く。
その奥に、何やら怪しく光る縞模様。

22.jpg

これを初めて発見した人はどんな気持ちだっただろう。
おそらく、最初は人工物だと思ったのではないだろうか。
しかし、それは人為的にそこに配置するのは不可能な形状で、また、手を突っ込んで岩を掘って作成することも現実的ではない。

本物のアンモナイトの化石!

海川不動川はゴルジュとしての魅力に溢れているが、この滝のこの位置に巨大アンモナイトを隠すことで、独自性を極限まで高めている。

そして、地質学者兼クライマーのN氏によってアンモナイトの真相が明らかになるのが、また面白い。彼がいなければ100年後もアンモナイトだっただろう。

24.jpg

帰りはプカリで楽ちん。
だけど、懸垂も2回した。

25.jpg

アブキ河原の岩小屋の50m下流の対岸(左岸)に、ハングした岩が見える(最後の滝を巻いた直後)。
藪を2mこぐと、ハング下に石仏がある。この右側が下山道。

地形図では100mの崖だが、踏み後を慎重に辿れば、ロープ無しで下りられる。踏み後を外れると懸垂が必要だと思う。
傾斜が緩んでから踏み後を見失い、藪漕ぎで林道まで。

26.jpg

今回わかったこと。
・ジップロックは浸水する。
・ヘッデンは防水ではない。
・ヘッデンが無いと寝床整地がしにくい。
・ヘッデンが無いと夜中にトイレに行けない。
・水流に対してレインウェアは不利。寒さを許容できるのであればウェットスーツのみの方が泳げるし登れる。

27.jpg

そんなこんなで超楽しい沢でした!
まだまだ行きたいゴルジュがたくさんあるので楽しみ!
スポンサーサイト



カネコロンにトライした

2月24日にカネコロンにトライし、氷崩壊により敗退しました。



2月の三連休に白馬までスキーをしに行ったので、ついでにカネコロンを偵察。なんと、しっかり繋がっている。
これは行かねば!
今シーズンは全くアイスクライミングをやってないけど、ま、ウォーターアイスであれば登れないことは無いでしょう。

土曜日は暖かく雨予報なのでそれ以後は絶望的、ってことで一日有休とって金曜日に出発。
金曜日も予想以上に暖かく、午後から曇る予報なのに西日が氷柱にあたり続ける。

除雪の終点からスキーでアプローチ。ガイドブックには西尾根アプローチと書かれているが、懸垂が面倒くさいし、斜度もありそうだし地形もガタガタしていてスキーには向いてなさそうなので、真ん中の緩い尾根にとりつく。予想通り、快適に登れた。
疎林になって滝が良く見え始めると傾斜が強くなってスキーでは登れなくなる。担いで登るのもダルイので幕営地とする。
チッペは滝の偵察に、僕はテントの設営を。

20180225053818f18.jpg

結局、日が暮れるまで太陽が雲に隠れることはなく、西日が滝を照らし続けた。

テントの中で作戦会議。
雨のクライミングは滝崩壊のリスクが高すぎるので、雨が降る前に抜ける。登攀時間を6時間とすると2時に登攀開始。ということで12時起床、1時出発。
僕は今シーズン初アイスなので、核心はチッペに任せて、僕は1,3ピッチを担当。

20180225073259aae.jpg

気温は高く、快晴無風。月はすでに沈んで暗い。
チッペがつけてくれたトレースを踏むものの歩きにくい雪室でスピードが上がらない。

取り付きで初めて滝を見上げた。上の方にヘッデンの光は届かず、滝の上部は闇に吸い込まれている。
1p目はどこからでも登れそうだけど、立っているが安定してそう(に見えた)な左側からとりつくことにした。
登攀ラインを避けてビレイ支点を構築しようとすると、表面こそ気持ちよく決まるが3cmで抵抗がなくなる。もう少し右に移動し、僕の登攀ライン直下までくるとどうにかまともなビレイ支店を構築できた。

2時半登攀開始。
1年ぶりのアイスクライミングだけど、特に違和感も無く、あ、これなら大丈夫だ、と感じた。登攀ラインは氷の質も問題無く、安心してアックスに体重をあずけられる。スクリューも最後まで効き、恐怖心も無い。
もう、登れた気分だった。これまでウォーターアイスでクライミング的な難しさを感じたことは無い。氷がそこにあるのであれば登れる。
バーチカルを5mほど登り、傾斜が緩む手前で2本目のスクリューを捻じ込んだ。
あとは緩い斜面にマントルを返して4級程度の滝をシーサイドテラスまで駆け上がるだけだ。

左手のアックスをグッと引いて効いていることを確かめ、両足を高めにあげて広げてステミング気味にする。左手を肩のあたりまで引き付けてロック。自由になった右手を伸ばし、気持ちよくアックスを振るう。1回、2回。刺さりはするものの完璧とは言えず3回目。少し力を込めて打ちこんだ、その瞬間、ドン!と言う破裂音。
安定していたはずのアイゼン前爪の感覚がふっと消えて、氷塊もろとも墜落した。
スピードは遅い。ゆっくり崩れ落ちていく氷の表面に僕は乗っているようだ。そしてこの氷の基部にはビレイ支点があってそこにチッペが繋がれている。致命的だ。

20180225130741b21.jpg

気が付いた時には頭が下の状態で止まっていた。
チッペが僕の名前を叫びながら動いているのを感じた。ああ、大丈夫だったんだ。
僕はと言うと、意識は正常、記憶は有りそう、右腕が痛いが活動性の出血も無く、とりあえず無事だ。

ビレイ支点は氷塊に埋まっているのに、そこに繋がれているチッペは全身が出ている。こんなことがあるのか。
ロープとスクリュー類を全て掘り出し、撤退。五体満足、残置物無しなのは不幸中の幸い。

破断面を見ると氷の厚さは20~50cmほど。表面5cmは普通の氷だけど、その内側はぐしゃぐしゃのシャーベット。
岩肌は水が流れ、シャーベット状の破断面からビチャビチャと水が滴っている。
これまでも春先のアイスでは、内部に水流があったり、アックスで叩くとドーンと空洞が響いたり、スクリューから水が吹き出たり、登攀中にピシッって言ったり、色々な兆候を感じてきた。しかし、今回は登攀中に崩壊の兆しは全く感じなかった。
これも実力。何とか生きて帰れるので、真の実力をつけてまたトライしよう。

20180225074933e35.jpg

帰りに撮影。
一番下の左半分が正方形に崩落。右手アックスで叩いたのがあの破断面。

カネコロン。
1年ぶりのアイスクライミングで登れるほど甘くはありませんでした。

・氷を見る目
・危険を察知する能力
・氷に負荷をかけない登攀技術

しっかり鍛えて再挑戦します。
プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR