瑞牆で蒼天攀路を登った

昨日は瑞牆の小ヤスリ岩にある「蒼天攀路」に挑戦してきました。

数年前にM目さんに「ぜひトライしてみて!」と進められていたルートだけど、調べるとどうも怖そうで行きたいと思いながらも何かと理由をつけてトライしなかったルートです。

今シーズンは憧れルートを全部登っちゃえスペシャルなので、とりあえずやっちゃいました。

結論から言うと、素晴らしい!ルートでした。
(詳しい情報は「尾根のむこう」に近日中にUPするので、ここでは割愛します。)

1ピッチ目と2ピッチ目はチッペがリード。
この2つも独特で面白い!特に2ピッチ目のワイドは難しくないけど頭がこんがらがる感じ。

P9230017.jpg

そして核心の3ピッチ目(5.12b)は僕がリード。

P9230046.jpg

オンサイトを狙って気合いを入れていたけど、なんと2ピン目クリップ前にフォール。びゅーんと空間に斜め飛びを楽しみました。ここはそんなにう難しくないはずだけど、緊張していてうまく体のバランスがとれていなかった。
その後は心がよれて(僕の弱点)各駅停車。
それでも、それなりの緊張感があります。特に3ピン目を取る前なんかはみんながブログ等に書いている通り、落ちたら空中を舞う事になるでしょう。
ムーブ解決に手間取った所は2カ所ぐらいか?どれもムーブ強度はそれほど高くないです。
そして最後のガバを掴むムーブが超かっこいい(僕の場合)!こういうムーブを小ヤスリ岩の頂上直下で繰り広げちゃうなんて、思わず声を上げちゃいます。

そして頂上は10人以上ビバーク可能な平らな広場!

十一面前衛壁、正面壁、奥壁、瑞牆本峰、大ヤスリ、大面岩、カンマンボロン、植樹祭広場、南アルプス、富士山、八ヶ岳、全て丸見え。十一面のクライマーとは普通におしゃべりできます。コールも筒抜け。

P9230074.jpg

ボルトルートよりもナチュプロで登れた方が理想的ではあるけど、蒼天攀路のような気持ちがいいルートなら、これからも積極的に登りたい!

まだ時間があったので小ヤスリ基部のショートルートで遊んだ。5.10cのクラックにヒーヒー言ったりして、それもまた愉快。

さーて、いよいよ5.12がからむ世界に突入です。
次回は「アレアレア」かな?楽しみ!
スポンサーサイト

瑞牆の大面岩でニューモンタージュを登った

昨日はニューモンタージュをチッペと2人で登りました。
このルートはずっと憧れていたけど、天気に恵まれずなかなか行けませんでした。
実際に行ってみると、思った以上に木登り系で、やはり日本にヨセミテは存在しないことを再確認したわけだけど、それはそれで凄く楽しいクライミングでした!

1p目 Ⅳ級 ペコマリード
湿ったチムニー。木を駆使する。

2p目 5.7 チッペリード
またまた湿ったチムニー。右フェースにボルトがあるが、右フェースに出る方法がわからず、濡れた壁を木登りでビレイ点へ。これで正しいのか?

3p目 5.9 ペコマリード
土の詰まったクラック。始めの20mぐらいはカムではプロテクションがとれない。クラック内の木の根っこでプロテクション。これだけでどんなクラックか想像付くよねw5.9というグレードでは表せない難しさが満載。
45mぐらい伸ばしてハンガーボルトのビレー点に辿りつくけど、けっこう消耗。

4p目 5.11a チッペリード
お楽しみのダイクトラバース。チッペは軽々オンサイト!マラ岩のロッキーロードのトラバースを3倍ぐらいの距離にした感じかな。爽快!

P9060059.jpg


5p目 5.11d ペコマリード
核心のハング越え。気合を入れてオンサイトを狙ったけどフォール。カンテスローパーがヌメって困った。
昨日のコンディションだと僕の場合はけっこう思い切ったデッドポイントが必要で、まあ、オンサイトできなくてもしょうがなかったかな。わかってしまえばそんなに難しくはない(ボルダー3〜4級ぐらい?)。

P9060065.jpg

ハングを越えると、こんな所だったの!?って感じのナイフリッジ。めっちゃ気持ち良い!

6p目 5.10 チッペリード
気持ちの良いカンテは徐々に気持ち良くない雰囲気へ。

7p目 5.11a ペコマリード
木の詰まったルンゼの横の幅1.5mほどのフェースと、その端のカンテ。うーん、なんというか、美しいフェースなんだけど、狭い。そして難しい。もうヌメってヌメって最後の方は左の木を使ってしまった。しかしチッペは軽々岩のみでフォロー。すげえな。

8p目 5.10c チッペリード
汚いフェースからちょっとしたハング越え。このハング越えも楽しい。

あとは歩いて頂上へ。
頂上からは十一面岩と小ヤスリ岩がどんっと広がって素晴らしい眺め。ベルジュエールとか山河微笑とかに取り付くクライマーもはっきり見えるし、会話も可能。

P9060086.jpg

ほぼ同ルート下降。
もう1本やりたかったけど、昨日は時間制限があったため下山。

そして、CSBP(チッペのサプライズバースデーパーティー)へ!
チッペも喜んでくれたみたいだし、最高の夜でした!

さて、次はどこを登ろうかな!
早急にやりたいのは「蒼天攀路」「ワイルドアットホーム」「アレアレア」。
あとは最近流行の瑞牆継続登攀も計画したいな。すっげータフなやつ。
そんで10月には錫杖合宿を予定しているので「北沢デラックス」やってやるでぇ。

小川山と瑞牆山

2週連続で小川山と瑞牆山で登りました。
今シーズンはフリーマルチに力を入れてるんだけど、天気が悪くてなかなか狙ってるルートに行けませんが、それでも岩に触れるだけで幸せです。

まずは小川山の烏帽子左稜線。山岳医仲間のT先生と。
小雨の降る中スタートだったけど、その後は天気も良くて快適でした。
ルートも思ったよりは安定していて、陽気に登れます。

トポでは18ピッチだけど、5.6以下はコンテでいいでしょう。
5.7のハンドクラックと最後の5.8のチムニーはなかなか綺麗ですよ。
けれど僕的に最高のピッチはこの写真。



おお、すげえ!
って思わず声を上げちゃいました。

登攀時間は4時間30分。
途中で懸垂2回でした。僕はアプローチシューズで登りました。
簡単だけど長いし懸垂もあるので初心者だけで行くのは難しいけど、誰かに連れてってもらうならかなり気持ちが良いルートです!

夜は肉を喰って翌日は瑞牆。
Kさんを加えた3人で大面岩左稜線へ。

P8230061.jpg

最終ピッチを勘違いしていて左の森の中に入ると立派なチムニーがあります。
僕はてっきりそれが5.7チムニーからの5.10aOWだと思ってたんだけど、やけに難しいし、あるはずのボルトが無くて敗退。しょうがない、次回はでかいカム持参でリベンジするかと思ったら、ルートは右なのね。
ということで、なかなか完登できない大面岩です。

翌週は雨予報だったけど、とりあえず瑞牆へ。
駐車場敗退。家に戻る。

翌日は天気予報と睨めっこしつつ小川山へ。
ビチョビチョでも登れる烏帽子左稜線へ。まさかの2週連続。
チッペと2人で3時間30分。

そのまま屋根岩2峰南稜というマイナールートへ。
100岩のフリーマルチには載っています。
取り付きは明らか。
どうやら5.10台ぐらいのルートも開拓されているようでルーファイで悩む。
ま、登れるところを登ればいいのでしょう。
セレクションのトラバース前に合流。先行パーティがいたのでルンゼを詰めてショートカットし終了。
このルートはあんまり面白くないかな。

ちょっとボルダーやって終了。
1日だけだったけど25ピッチ分ぐらい登ったのでまあまあ満足。

しかーし!
今週末こそは晴れてほしい!
本当に満足する岩登りがしたい!

P8240089.jpg

フエコで登ってみた

アメリカに来てから1週間が経ちました。

前回の記事で、「アメリカでは登らないぜ!」って書いたけど、ごめん、やっぱ無理。
だって、職場の敷地内にクライミングジムがあるんだもん!
無料なんだもん!
で、ジムのスタッフのイカした兄ちゃんに聞いてみたんです。

僕「私したいあります。フエコ。ボルボル。」
スタッフ「ヘイ!フエコか!あそこはいいぞ!パンフレット持ってる?ない?ちょっと待ってな、取ってくる!あ、今切らしてて無いや。ははは、ごめんな。」
僕「予約…」
スタッフ「What?」
僕「あ、あの、予約が必要じゃない?」
スタッフ「大丈夫、大丈夫。ノープロブレム!混むのは11月からだよ!すぐ登れるさ!」

ってことでフエコに行ってきました。
職場から車で40分ぐらい。御岳より近いし。
で、着くと、なんとジムスタッフの兄ちゃんが居るし。

(握手しながら)
スタッフ「ヘイ、ユー!良く来たな!フエコへようこそ。だけどな、ちょっと混んでて入れないんだよ。とりあえず受付すれば?」
僕「は、はい。」

なんだ、やっぱり混んでるじゃん。
とりあえず12人待ち。スタッフの兄ちゃんはもう1時間待ってるらしい。

僕たちも写真を撮ったり、ワンちゃんと遊んだりして時間をつぶしていると、

スタッフ「ヘイ、ユー!俺たち、帰る事にしたよ!もう待ってられねーから別のエリア行くわ。じゃ、頑張ってな!シーユー!」

ああ、エリア案内とボルダーマットを期待していたのに…。
ま、しょうがない。ってことで待っていると数分後には入れた。ラッキー!

PA080556 のコピー

フエコの岩場、素晴らしいです。
ロケーション最高。
課題の質も最高です。

入場の方法や写真は「尾根の向こう」にUPしたので参考にして下さい。

翌日もフエコへ行きました。
この2日でノースマウンテンのだいたいのエリアは見れたんじゃないかな。
トポが無いからわからないけど。

今後も通いたいけど、シューズもチョークも無い!
でも心配無用。
10/10にコンペがあるらしくて、優勝商品はシューズらしい。
ってことで、シューズをゲットしてフエコに通うぞ!
コンペ、おらっちガンバ!

Krimpで登った

蒲田に新しくできたジム「Krimp」で登った。



クライミング仲間のヒロが作ったジムだ。

ここ数年でめちゃくちゃジムが増えたので、良いジムってどんなジムか考えてみることにする。
と言ってもジムによって狙ってる客の対象も違うから簡単には評価できないので「僕にとって」ってことで。

まず、最も重要なのは「課題の質」だ。
おそらく、多くのジムの儲けは新規顧客なので「課題の質」ってのはジムの儲けには直結しないと思う。けど、中級者以上にとっては「課題の質」が「ジムの質」になると言っても過言ではないでしょう。
その点、新しくなったマーブ―は凄い。こんなに課題にこだわっているジムは見たこと無い。
さて「Krimp」はどうかと言うと、概ね良好って感じかな。壁の設計上、短い課題が多いのが残念なのと、ホールドのバリエーションが少なくて現代的な雰囲気の課題は少ない。けど、その中でもよく考えられている気がします。セッター陣はヒデさん、安間サチ、野口あきよなど豪華です。

次に重要なのは「ジムの広さ」。
広いと人口密度が低くて課題に集中できる。
広いと課題密度とホールド密度が低くて、結果的に課題の質が上がる。(あ、僕はホールド密度は低ければ低いほど嬉しいです。)
「Krimp」の広さは、まあ普通。都内ではしょうがないね。けど、人が待てるスペースは十分確保されているので課題に集中できるのは素晴らしい。

色々考えたけど、僕がジムに求めるものってこのぐらいかも。
ってことで他の事は僕にとってはどうでもいいんだけど、一応、「Krimp」について紹介しとくね!

駅から近い!
隣がコンビニで便利!
更衣室が広い!
全体的にきれい!
常設チョーク有り!
課題の設定者がわかるようになってる!
お客さんが課題を残せるファイルがある!
今のところすいてる!

そして…

スタッフが素晴らしい!!
プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR