山岳医療パトロール2018に向けて

日本登山医学会公認 山岳医療パトロールの準備で七丈小屋まで医薬品等を荷揚げしました。



日本登山医学会が山岳医を認定するようになって約10年経ちますが、未だに山岳医がどのように社会貢献できるのかはよくわかりません。ただ、はっきりしていることは「山での事故を減らしたい」と言う気持ちを全ての山岳医が持っているということ。

そのために何をするべきなのか?
これは僕が一生をかけて取り組む課題です。

賛否両論ある中、昨年から山岳医療パトロールを開始しました。
昨年度の報告書の中に「今後の展望」を書かせてもらったのでこのブログにも引用致します。

―――以下、2017年度山岳医療パトロール報告書「今後の展望」より引用―――

初めての試みである「山岳医療パトロール」は、多くの方のご理解とご協力により実現させることができました。振り返ってみると、計画段階から様々な問題を抱えておりました。予算のこと、場所のこと、医療資機材のこと、安全管理のこと、そもそも学会の活動として認められるのか…。これらの問題を全てクリアできたわけではありませんが、運用小委員会のメンバーを中心に、学会関係者、花谷山岳ガイド、北杜市、地元の方々など、実に大勢の方に助けていただき、なんとか大きな事故も無く2017年度の活動を終えることができました。
(中略)
 日本の山岳医療体制は十分整っているとは言えません。山岳診療所の数は登山者数と比べて少なく、山中で起こった事故に対して適切なタイミングで医療介入を行う事が困難です。この問題を打開する道筋は色々考えられます。そのうちの1つが「山岳医療パトロール」です。歩きながら声掛けすることで受診するほどでは無いが医学的な相談をしたい登山者と話をすることができ、事故の予防に繋がるかも知れません。また事故が発生した場合、傷病者のもとに駆け付けることで救命率を上げられるかも知れません。山中でアンケート調査を行う事でこれまでわからなかった登山者が抱える医学的問題が明らかになるかも知れません。毎晩、山小屋で行うミニレクチャーを通して、登山医学の普及に役立てるかも知れません。
「山岳医療パトロール」にどのようなメリットがあるかを明らかにするのはこれからの課題です。地道に活動を続けることで「山岳医療パトロール」の本当の意義が見えてくると信じています。今はまだごく小規模の活動ですが、将来的には各山岳診療所の間をパトロールで繋いで、山域まるごと医療ネットワーク化しようなどと言う構想もあります。何年後、何十年後のことかわかりませんが、「日本は山岳医療が充実しているから安心して登山ができる」と世界中の登山愛好者が日本の山を楽しむ日が来ることを夢見ています。
 批判的な意見も私たちの耳に届いています。その多くは私たちの活動について真剣に考えてくれているからこそ出てくるものだと感じています。そう言った意見に真摯に耳を傾けながら活動を充実させるよう努力します。「山岳医療パトロール」の発展は「登山医学の進歩普及」と言う日本登山医学会の理念に基づいています。理念を実現する多くの道筋の中の1つが「山岳医療パトロール」です。日本登山医学会の目指す理念のもとに、学会における他の活動とも連携・協力しながら「山岳医療パトロール」の発展を目指したいと考えています。
 繰り返しになりますが、「山岳医療パトロール」は多くの方のお力添えによりスタートすることができました。まだまだ問題山積ですが、少しでも山の安全に貢献できるよう努力して参りますので今後ともご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

―――引用終わり―――

悪天予報の為、宿泊予定者はほとんどキャンセル。静かで濃厚な夜を過ごしました。

下山後は甲斐駒ヶ岳山岳資料館へ。

36766544_1790862617657931_8051084511825362944_n.jpg

ワイナリーに併設された小さな資料館だけど、甲斐駒に関する資料は超充実。
特に恩田善雄の「覚え書き」は資料としても読み物としても面白い。何とか手元に置いておく方法は無いだろうか・・・。

ランチはBISTRO TOMATE(ビストロ トマテ)へ。
実はこの店、花谷さんの御両親と弟さんのお店。

36857609_1790862674324592_2910477338229604352_n.jpg

短パンサンダルでは入りにくい雰囲気の洒落た店です。
昼からコース料理があって、僕は「甲斐駒ヶ岳」(2800円)を注文。その上は「富士山」(3500円だったかな)があります。標高と値段の関係が気になりますね。夜のコースはキリマンジャロ(5500円)とエベレスト(8500円)かも知れません。
味は絶品!花谷さんの御両親はフレンドリーな方で、気持ちよく食事を楽しめました。
リピート確定です。

そんなこんなで今年の夏も甲斐駒が熱い!
スポンサーサイト

谷川岳の烏帽子南稜を登った

日曜日に谷川岳の烏帽子南稜を登りました。
チッペがカナダから帰ってきた週末、天気も時間も中途半端な感じで何をするか迷ったけど、初めて谷川のバリエーションをやってみることに。
これが大正解!

初めての一ノ倉沢なので素直に南稜。
核心は一番に取り付くこと。落石のリスク、時間切れのリスク、事故に巻き込まれるリスク、全て1番に取り付くことで大幅に少なくできます。しかし、前日の夜は用事があって前泊はできない。となれば早起きするしかない。

という事で、1時30分に自宅出発。
3時30分、ロープウェイ駐車場着。



これでは出合幕営組に負けてしまうので、林道を小走りでアプローチ。
出合ではテントが数張り。ここからが勝負。

P6170020.jpg

雪渓はアイゼン無しでも突破できるだろうけど、装着した方が早いと判断。
ほぼ雪渓の上を歩いてすぐにテールリッジに到着。乗り移りも問題無し。
同時着の2人組と、すぐ後ろにも2人組。

P6170041.jpg

テールリッジはFIXがあるので、がんがん登る。
このぐらいのペースで登ると大抵のパーティーはついて来られないけど、後ろの2人組はむしろ差を詰めてきているように見える。
どうやらうちらを抜かすつもりのようだ。

P6170034.jpg

中央稜には既にクライマーが取り付いている。今のところ南稜に人は見えないが、テラスまでは確認できない。

P6170056.jpg

南稜テラスに到着すると誰も居らず、無事に核心突破!
あとはのんびりクライミングするだけです。
テールリッジにも雪渓にも大勢のクライマーが居ます。30分遅かったら大変なことになっていたでしょう。

クライミングは終始霧の中。
暑くないのは良かったけど、濡れた岩が滑って思った以上に苦戦。
特に最終ピッチは外傾スタンスが滑って怖くて、カチを真面目に握りこんで登った。

P6170066.jpg


後ろの2人組は初心者連れにも関わらず良いペースで登ってきて、すぐに追いつかれる。でも、その後ろはついて来ないので、うちら2人と後続2人の4人でのんびり登る雰囲気。前も居ないし、後ろも居ないし、後続のお2人も同年代で色々お喋りできるし、楽しく登ることができました。

僕たちは当然、稜線に抜ける予定。
登れば雲の上に出られそうな予感だし、こんな渋滞ルートを懸垂で下りるなんて絶対に嫌だ。

終了点からは適当に踏み後を登る。
ルーファイによってはちょっと嫌らしい草付きなんかを突破することになりそう。
僕たちはどうにかロープを出さずに5ルンゼ頭着。

P6170081.jpg

突然、雲の上に出て、すぐ近くに山頂が現れた!
途中の脆い岩で一回ロープを出した。

P6170096.jpg

これまでの霧の中から一気に視界が開け、気分は最高!

P6170105.jpg

2000mに満たない山でこんなにダイナミックに景観が変化するなんて。
林道の駆け足、雪渓歩き、霧の中のクライミング、嫌らしい草付き、雲海を突き抜けて稜線へ!

P6170112.jpg

P6170117.jpg

谷川岳頂上は大勢のハイカーで賑わっていました。
西黒尾根をサクサクっと降りて14時頃下山。
ちょっと渋滞はあったけど17時半に帰宅。
自宅で改めてチッペの帰国祝いをしました。

初めての一ノ倉沢はとても気持ち良かったです。
これも全て1番に取り付けたからですね。これからも核心突破がんばります。

サイクリングしたり焚火したりした週末

もう先週末のことだけど、初めてサイクリングをした。
色々楽しかったけど、一番印象に残っているのはサイクリストのマナーの良さ。これについては後ほど。



さて、数年前に通勤用にロードバイクを買ったけど、まさに通勤用で、通勤以外に使ったことはなかった。
今年度から職場に加わった同僚がけっこうガチな自転車乗りだったので、連れていってもらうことにした。

僕が伝えたことは以下の通り。

・心肺機能はそこそこ自信があるが、自転車に関しては完全に初心者
・午後早めに終了したい
・登り下りともに急すぎるのは避けたい
・爽快な道を走りたい
・少しは達成感もほしい

そうしたら阿須運動公園から名栗湖の先を周遊する52kmのコースを設定してくれた。

7時に阿須運動公園に集合。
走り出す前に、いくつか注意点。右左折停止のジェスチャー。必ず交通ルールを守ること。自分の安全は自分自身で確保することなど。職場では僕の方が立場が上なんだけど、当然そういう事は関係なく、しっかりとリーダーとして僕の面倒を見てくれようとしているのが伝わって信頼感が増した。要所要所でリスク管理なんかについても教えてくれて、この人は山で言う所の「自立した登山者」なんだな、と感じた。「自立したサイクリスト」なんだろうな。
最初はゆっくりペース。と言っても「スポーツ未経験者ではこのペースでもついて来られない人が多いです」とのこと。往路は登りベース、復路は下りベース。復路のために足を残す必要は無いので、往路の後半はちょっとスピードを上げてもらった。そしたら足がパンプした。パンプしたけど復路は下りなので気持ちよく走って3時間で終了。
体力的にはちょっと物足りなかったけど、初めてなのでこのぐらいで丁度良いでしょう。

さて、冒頭に書いた通り、一番印象に残ったのはマナーの良さ。
彼は真面目な顔で

「自転車乗りのマナーは良いです」

と言っていて、まさにその通りだと感じた。
今回のサイクリング中に交通違反をしている自転車は1台も見なかった。赤信号で止まるのは当たり前だけど、停止線も守るし、車の横をすり抜けもしない。止まる前や曲がる時は車に対して必ず合図する。対向車線の右折車が待ってくれるとしっかり会釈して感謝の意を伝える。信号がなくても一時停止では必ず止まる。

「誰か1人でもマナーを破れば、自転車乗り全員が悪く見られてしまう。ちゃんとやっている人はそのことを意識しているから自転車乗りのマナーは良いです。」

そうだよね。そうだよね。
ここでクライミングのこととか山のこととか書くのは野暮ったいからやめるけど、上級者ほどマナーを守る責任とそれを初級者に伝える責任があると思う。強い人よりカッコイイ。

それと、もう1つ印象に残ったのは、すれ違う時に挨拶すること。
車に乗っていたり、街中で通勤で走っている時には気が付かなかったけど、自転車乗りはすれ違う時にお互いに会釈してるんです。時には声を出して挨拶したり。
ま、色々な人がいるとは思うけど、総じて気持ちの良い人たちだなあって感じた。

そんなこんなで10時に阿須運動公園に戻ってきちゃって、帰宅するのも勿体ないので小川山に移動。
僕もマナーと挨拶を心掛けてトライしたら「ファルコダイレクト」(二段)が登れました。やっぱりマナーと挨拶は大切だ。だけど「バルカン」は登れませんでした。まだまだマナーと挨拶が足りてないことを実感。

焚火して、

IMG_2674.jpg

起きて、

IMG_2676.jpg

父の古希祝いに駆け付けました。
エクストリーム出勤。

IMG_2687.jpg

という事で、クライミング的にはイマイチな夏だけど、自転車に乗るのも有りかもって思った週末でした。
今週末は登山医学会。
こちらはこちらで色々と考えないといけないことがあるんだけど、とりあえず楽しんできます。

ダラスで宇宙航空医学の学会に参加した

ハワイ、コロラドに続き、ダラスで宇宙航空医学の学会に参加してきました。



学会では色々と得ることがありましたが、まず最初に驚いたのが会場のホテル。
とりあえず巨大です。

IMG_2640.jpg

上写真右側の建物の全体が吹き抜けになっていて、屋根は全部ガラスで、屋内なのに屋外のような広々明るい空間になっています。

IMG_2587.jpg

ホテルの入り口はボーイさんが扉を開けてくれるし、ロビーはなんだかいい香りがするし、僕みたいな小汚い人間は入っちゃいけない雰囲気です。ちなみに、500mlの水が3.5ドルでした。
学会参加者は、みんな軍隊の制服とかスーツとかでちゃんとしてるし。
僕は慌てて自分の安宿(たぶん1/5ぐらいの値段)に逃げ帰り、我社の制服に着替えました。

ダラスはオフィス街なので僕にとってはそんなに面白い場所ではありませんでした。
ただ、モダンな高層ビル群はちょっとテンション上がる。

IMG_2628.jpg

車社会のアメリカにしては電車が発達しています。
治安はあんまり良くなさそうだし、なんだか薄汚れた町って雰囲気だったけど、所々に面白いオブジェがあるのは楽しかった。

IMG_2618.jpg

町の外に出ると平原が広がっているだけです。
走るのは町よりもこういった郊外の方が気持ちが良いでしょう。

IMG_2612.jpg

簡単にアプローチできるクライミングジムは無かったので断念。
なので、基本的に呑んでました。

IMG_2638.jpg

32231175_1403650209780898_5525853001173958656_o.jpg

今回行った店はどれもそんなに外れは無くて、ビールも料理も楽しめました。
クラフトビールが飲める店であれば、料理の質もまあまあ良いのかもしれません(ホテルの無料朝食とかは最悪だけど)。

それと、ダラスでは大リーグ観戦をしました。
日本のプロ野球すら見たことの無い僕が楽しめるかどうか心配でしたが、行ってびっくり、とても楽しかったです。

IMG_2599.jpg

まあ、試合の内容なんかについては全然わからないんだけど、球場の雰囲気がなんともまったりしていたのが印象的でした。
選手がベンチから子供たちにお菓子を渡していたり、芝生の上で旗を持った女の子が待機していたり、音楽に合わせて応援したり、そう言うのが殺気立った感じじゃなくて、なんとも和気あいあいしているのが良い雰囲気でした。
あ、写真は70cmぐらいあるフランクフルト(?)。

そんなこんなで、楽しい学会でした。

え、学会の中身?
うーんと、航空医学はまだまだ未熟だと思いました。あんまり真面目に聞かなかったけど、僕が聞いた限りでは教科書レベルに毛が生えた程度で、あんまり本格的な研究って感じでは無かったです(ガチな研究は国家機密とかあるんだろうけど)。
我社の航空医学実験施設を活用すれば世界的に価値のある研究がいっぱいできるんじゃないかな。大学院を卒業したら、この分野にもう少し深くかかわって航空医学の発展に貢献したいです。
それを登山医学に還元できれば一番良い。

IMG_2643.jpg

コロラド州Boulderで登ったりした

IMG_9112.jpg
ハワイ学会とダラス学会の間の数日間を利用して念願のBoulderに行くことができました。
Boulderはアメリカで最も行ってみたい場所の1つでしたが、結論から言うと最高の街でした。

初日は雨だったのでゆっくり起きて周囲を散策。



ネットで人気の店でブランチ。
アメリカでは適当な店に入ると度々外れがあるので、人気のある店に入ることにしています。あと、アメリカで美味しいものを食べたければそこそこ金を出すことも重要かと思います。

IMG_9009.jpg

で、ここは大正解。最終日にもリピートしました。7時からやっているのも嬉しい。

Boulderにはいくつかジムがあるけど、Max(who is a Base Camp climber from Boulder)に聞いたらSpotがfavoriteとのこと。
ジムは車で5分ぐらい。もちろん歩いても行けます。
壁がでかいです。クライマーは初心者が多いです。課題は難しいのは少なくて基本ガバです。上裸です。いかつい兄ちゃんが結構優しかったりします。←これらはアメリカ共通の傾向ですね。

IMG_9048.jpg

Hey, Max, I'm looking forward to climbing with you in Tokyo again !

いったんホテルに戻ってシャワーを浴びて、夕食食べに繰り出します。
夕方には晴れてきて、Flatironsも良く見えた。

IMG_9051.jpg

この街はアメリカでは信じられないほどデブがいません。小デブは見かけるけど、大デブはいない。
そして、なんとファーストフード店が無い!
ワイキキから移動してくるとギャップが際立ちます。

IMG_9063.jpg

翌日は快晴!
これがアウトドア天国Boulderの本当の姿。
First Flatironを登ります。

IMG_9069.jpg

このためだけに1冊のトポを買うのは勿体ないのでウェブ情報だけでトライしました。
アプローチの情報が少なくて心配していましたが、「アプローチが簡単すぎて情報を載せるまでも無い」ことが判明。いくつかのウェブサイトに書いてあった通り、岩に向かって歩くとビレイステーションに着きました。

IMG_9107.jpg

First Flatironのダイレクトルートは5.6Rで10ピッチぐらい。基本的に残置物は何もありません。
海外でのクライミングも回数を重ねてきたので、50mでランナー2つとかにも慣れました。
で、スニーカーフリーソロおじさんが朝の散歩をしていたり、初心者が超簡単な所でまごついていたりって言う多様性の豊かさにも慣れました。

IMG_9112.jpg

同時登攀も交えつつ、2時間ぐらいで登攀終了。
街から散歩で来られる距離にこのスケールの岩がゴロゴロしています。
廻り目平に街があって、ホテルがあって、大学があるようなものです。

P5050115.jpg

IMG_9115.jpg

まだまだ時間があるので、Boulder Canyon の近場の岩場で四つ星マルチ。

IMG_9093.jpg

それでもまだまだ時間があるので上流のスポーツエリアに行こうとしたら、初めてアプローチで迷いました。
目的の岩には辿りつけず、たまたま目の前にあったラペルステーションから下降してトップロープで遊ぶ。
どうやら5.12bのルートだけど、暑くてぬめって歯が立たず。

翌日はこれまた四つ星のマルチ。
Athlete's Feat
(5.11a-5.10d-5.10c-5.10c)
1964年にRoyal Robbinsによって初登されたルートで、当時の最難ルートの1つだったようです。

街から車で10分。アプローチ0秒。車に寄りかかってビレイ。
一昨日の雨の影響で状態は非常に悪く、エイド交じりで抜けることになりましたが、とても面白かったです。
特に1ピッチ目と2ピッチ目のレイバックはどこまで突き進んで良いのか、判断力と勇気が必要でした。

IMG_9168.jpg

まだまだ時間はあるのですが、暑すぎて登る雰囲気でもないので(大勢のクライマーが普通に登ってましたが…)、山道具屋のneputune montaineeringへ。

IMG_9185.jpg

上のベンチを含めて味のある店でした。書籍も充実しています。

jet lugの影響か、僕はあんまり眠れなくて朝ランをキャンセルすることも多かったのですが、最終日は街の真ん中を流れるboulder creek 沿いに走ることができました。
自転車用とランニング用にレーンが分けられ、快適に走れます。途中は花の咲き乱れる綺麗な公園があったり、川の中を覗ける施設があったり、大きな犬が散歩していたり、子連れの水鳥に威嚇されたり、素晴らしい小路です。

IMG_9155.jpg

最終日はEldorado canyonで四つ星マルチ。5.7, 5ピッチだけどリンクして3ピッチ。
Boulder canyon も Eldorado canyon も現代風な高難度課題が充実しているわけではないですが、クライミングの本質や歴史を感じられる岩場でした。

Boulderは街と自然が融合した素晴らしい場所でした。
道を歩く人々も颯爽としています。たくさんの犬が散歩しているのに糞は一度も見ませんでした。
どこにでもランナーと自転車の人とクライマーがいます。
スーパーの店員もレストランのスタッフも親切でした。
コロラド大学の建物に合わせてあるのか、街全体がレンガ調に合わせてあり、花や樹木との調和が素晴らしいです。

なんとかコロラド大学に留学できないだろうか…。
その為には自分が動かないとな!
プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR