野外ファーストエイドの医師向けコース5日間を受講した

WMA(Wilderness Medical Associates)のWALS(Wilderness Advanced Life Support)コースに参加しました。
前日のドクターミーティングと合わせて6日間の濃厚な時間を堪能して、今でも現実世界に戻れずにおります。



去年、チッペが参加した時には興奮気味に帰宅しWALSの素晴らしさをずっと語り続けていて、その後、関係者の人脈が一気に広がっていくのを見ていたので、今年は僕も必ず参加しようと決めていました。
結果、参加して本当に良かったです。

メインイベントは夜間の大規模シナリオトレーニング。(上の写真は状況開始前に士気向上を図る受講生たち)
傷病者16名に対し、救助者15名で対応しました。意地悪な設定がいっぱいあってアドレナリン大放出系です。個別の傷病者の緻密さやリアルな処置が必要になるのはもちろんなのですが、僕が最も関心したことは与えられた状況への対応の自由さ。
今回は情報共有ツールとしてLineを駆使しました。また、携行薬剤も自分たちで準備できます。どんな方法で傷病者数を把握し、どうやってトリアージし、どうやって対処し、どこに集め、いつ誰を搬送するのか、全て自分たちで決められます(もちろんヘリが飛ぶかどうか救急車が来るかどうかは神様が決めます)。

23157284_1530850026992526_7935768412151362278_o.jpg


こんなに自由度の高いシナリオトレーニングを提供するWMAはすごいなぁ、と思うのですが、実はこのシナリオを成立させられる受講生もかなりすごい気がします。
ありがたいことに僕はリーダー役をやらせてもらったのですが、他の受講生がしっかりとフォロワーシップを把握し、それぞれやるべきことを認識して動いてくれていたことが大変ありがたかったです。全ての受講生に高い意識が有り、これまでも何らかの形でトレーニングを積んできた証拠だと思います。

だからこそ、WALSでは「お作法の強要」のようなことは全くありません。それぞれの受講生がこれまでに習ってきたことが尊重され、ディスカッションを通じて「本当に必要なことは何か」を考えていくというスタイル。僕にとっては非常にエキサイティングな時間でした。(逆に野外救急、災害医療、ALS、JPTECなどに慣れていない人にとってはついていくのでやっとという感じになってしまう気がするのと、WALSで習う事がスタンダートだと勘違いしてしまう気がしてそれはちょっと問題もあるかなと思ったりしました。またWALS以外のコースがどんな感じかも興味有り。)

また、今回の受講生はトレイルランナーが多かったこともあり早起きしてみんなで近くの山まで走ったりもしました。夜の自主練も充実し、本当に楽しい毎日でした。

23261853_1421685101262809_1982527449_o.jpg

僕がWALSに参加した目的は自分のスキルアップはもちろんですが、野外救急に携わる方々と顔の見える関係になることも大きな目的でした。
と言うのも日本登山医学会が認定する山岳医の弱点は野外救急だと考えているからです。山岳医は登山技術が不足していて不合格になることはあっても、傷病者対応能力についてはほとんど問題にされません。山岳医は野外救急に関する自己研鑽に努める必要があります。一方、登山医学会は登山医学に関する専門的知見をWMAなどの他団体に供給するべきでしょう。
日本の山岳医療を発展向上させるためには、同じ方向を向いている人たちが組織の垣根を乗り越え、お互いに切磋琢磨し協力できる関係にあることがきっととっても大事な事だと思います。

23172620_1530849983659197_8000555957109967635_n.jpg

Thanks, D.J.
I spent great days !
スポンサーサイト

瑞牆で「普通の日」を登った…のか?

日曜日は瑞牆でボルダリング。
チッペがトライ中の「普通の日」(初段)の応援。
この課題は左からトラバースして右からスラブを登る人気課題なんだけど、こんな登り方もできるらしいぞ!
な、なんと!スタートもゴールも使用しているホールドも全く同じ!

https://youtu.be/l3VkM2hBY_U←普通の「普通の日」

https://youtu.be/DqmtIJObGtI←普通じゃない「普通の日」

「この登り方では『普通の日』を登ったことにならない根拠」は何かあるだろうか?

初登者と同じか、より良いスタイルで登ることが「完登」の条件だとしたら「簡単なムーブの発見」はどう扱うべきか。もっとわかりやすく言うと「それ、なんかセコくないか?」って感じでも完登と言えるのか。

オンサイトでこうやって「普通の日」を登るクライマーがいたら面白い。
彼に何て言うべきか。
ま、全ては自己満足ってことで。

SATOブリアン本店でシャトーブリアン食べた

予約とれない焼肉屋の最高峰「SATOブリアン」に行ってシャトーブリアンを食べました。
僕はいつも予約電話をかけることすら忘れてしまうぐらいダメ部員なのですが、肉部会長を始め、肉部員や肉仲間たちのおかげで今月もSATOブリアンに辿り着きました。

22221907_1315820355194013_4663588523162759111_n.jpg

2号店には2回行ったことあるけど、本店は初めてです。サトウさんにも初めて会う事が出来ました。
ここの常連になってサトウさんから「自分で肉を焼ける客」と判断されれば「Jr.」と言う店に招待されるようです。ま、それを目標に通うってのは肉部活動の本質とは異なるので、普通に肉を楽しんでいた結果「Jr.」に行けたってのが理想ですね。

店内には有名人のサインがたくさんあるのですが、その中でも僕が気になったのは陸上選手のサイン。
下には伊達公子。最近だね。

22365535_1315820378527344_732076198954266052_n.jpg

世界レベルのアスリートは「世の中で一番尊敬できる人の集まり」だと僕は思っていて、芸能人とかよりもアスリートと同じ肉を同じ空間で食べられることに喜びを感じます(芸能人も好きですよ)。
そう言えば、仙台のとある店には平山ユージのサインがあったな。

ってことで肉写真3連発。ひれすき、ぶりめし、ぶりかつサンド。

22310551_1315820358527346_2185621134376058333_n.jpg

22218581_1315820351860680_8118980651941819577_o.jpg

22279832_1315820451860670_27407612911932832_n.jpg

これらは牛肉の食べ方の究極ではないでしょうか。

今回は初めてお会いする方々と一緒でしたが、皆さん気持ちの良い方で、肉もお喋りも楽しめました。
スキー仲間に入れてもらえそうなので、それも楽しみです!
ミキティの仲間の変態超絶悶絶スキーヤーたちなので僕とは次元が異なることは承知しているけど、肉を通じて山の世界が広がるってのはなんとも痛快ですね!またよろしくお願いします!

瑞牆でインドラとか現人神とかにトライした

土曜日は瑞牆でボルダリング。
ヒンヤリした空気でカラッと晴れて、やっとこの季節が来ましたね。

まずは「インドラ」(二段)。



もうね、1個1個のムーブは楽勝で、あとは繋げるだけ。
登れる気しかしない。
って状態だったんだけど…

IMG_0588.jpg

スタートがしっくりこなくなっちゃって、気付いた時には指皮終了。
午前9時…

植樹祭の駐車場でダーヤマ氏の車発見!
ダーヤマ氏は不在だけど、ユッキーとナーさんが居るとのことでとりあえず合流。

「千里眼」(二段)はテーピングした指では不可能。
「美しき日」(二段)はテーピングしていない指でも不可能っぽい。

初段なら登れるだろう、と「フォーマルハウト」(初段)をお触り。
お触りのつもりがはまってしまいガチトライ。できそうでできない…。最後にはテーピングも外しちゃったし。それでもできない。
残念ながら敗退。これは登っておきたかった。

「天の川」(初段)にもトライ。
こちらは時間が無くて、数回だけ触って終了。
「フォーマルハウト」もそうだけど、うまくコントロールすれば見た目ほど危険では無い印象。
最後に間の6級を登って終了。
成果はなかったけど、高い岩に心と体を馴染ませることのできた1日でした。「KUMITE」トライの準備だね。

夜はお一人様のナーさんを誘って焚火。

IMG_0589.jpg

呑んでる時は周りも明るいし、月も出ていたからそれほど感じなかったけど、明け方に目が覚めた時は凄い星だった。

日曜日は「現人神」(5.12b)にトライ。
初めて行ったけど、想像以上の威圧感。日本のセパリ(注:ヨセミテのseparate reality)。いや、威圧感で言えばセパリ以上か。
リードはチッペ。僕はフォロー回収で練習。ムーブは思ったより簡単。トラッドの5.12bだから難しい印象があったけど、ほぼフェイスの5.12b、それもどっかぶりなので簡単に感じて当然。
この日は指皮とか回収の難しさとかあって本気トライはせず。次回はRP狙います。

という事で、成果の無い週末だったけど、「インドラ」と「現人神」と言う大物2つをやっつけられそうなのでワクワクしています。
また土日で行く予定!

二―バーが得意だと気が付いた

前から何となくわかっていたんだけど、僕、二―バーが得意だと思う。
初めて二―バーを知ったのはクライミングを始めて半年ぐらいのランナウトのルート。5.12のそのルート上部凹角で壁の形状を利用してノーハンドレストしているクライマーを見て、「あんなことできるの!?」とびっくりしました。まだ5.11にトライし始めた頃だったけど、あの不思議なレストをしたくて5.12のそのルートに触ったりして、その時はうまく手を離すことができなくて、「やっぱり難しいものだなあ」と感じたものです。

その後はそれほど強く意識はしていなかったけど、二―バーは好んで使っていました。
城ケ崎の「パンピングアイアン2」(5.12b)を登った時も、最後のレストがどうしてもしっくりこなくて、それでもなんとか手の負荷を軽くしたくて膝を壁に押し当てたらちょっとだけ回復できて完登しました。

二―バーって言うほどじゃないんだけど、膝をどこかに当てることで安定する場面はたくさんあります。
ジムのボルダリングでもけっこう多用していて「そこは二―バーが効くから」と言っても他のクライマーに理解されないという事も良くありました。
そんな経験から、「きっと僕は他の人より二―バーが好きでうまく使えているんだろう」と思うようになりました。
それが、この週末に確信に変わりました。

土曜日は朝まで雨が降っていたので、雨に強い甲府幕。
ここは凄いね。本当に雨でも乾いているんだ。
登ったルートは最後にまとめて。

日曜日は小川山でボルダリング。
初めて一緒に登るジム仲間とワイワイと。

「ファルコ」(初段)の最後のリップ前のカチマッチを二―バーを使ってスタティックにとったら周囲のクライマーに驚かれた。僕にとっては二―バーがバチ効きなので何ならレストできるんじゃないかって感じ。
(今、他の人の動画見てみたらマッチなんか必要ないのね…)

「八月」(二段)は二―バーが効いて2撃。サイズ感とか色々あるのは勿論だけど、3級ぐらいのムーブ強度に感じた。久しぶりに動画を撮ってもらったのでアップ。因みに二手目の右手出すときも二―バーね。

思い起こすと、イタリアで登ったワイドの5.11dもクラックに膝を突っ込んでスタックさせながら登る系だった。
という事で、二―バーは僕の武器になり得ると感じた週末でした。

★登った課題まとめ★
甲府幕
「風になれ」5.13a ×
「WILD WOOD」5.10c FL
「深海の幻想」5.11a FL
「ドラえもん」5.10c FL
「スパイラルリーフ」5.11b FL
「ペンタゴン」5.9 OS
「甲府の軟派師」5.12a/b ×
「ピリカ」5.10b/c FL

小川山
「ファルコ」初段 RP
「ファルコダイレクト」二段 ×
「八月」二段 RP
「月光の囁き」三段 ×
「小川山ジャンプ」三段 ×
「アストロノート」初段 RP
「梅見る頃を過ぎても」1級 OS
プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR