FC2ブログ

ホラ貝ゴルジュで同窓会?

大学山岳部の仲間4人でホラ貝ゴルジュの遡行下降してきました。
ま、山岳部の仲間って言っても1人はチッペで、1人はリッキーなので、つまり、もう1人のO崎くんを沢に誘ったってだけです。



O崎くんは、初めての沢登りです。
初めてでホラ貝ゴルジュで泊まり沢ってちょっと異常だけど、僕たち3人がフォローすれば問題ないでしょう。
死なないように気をつけよう。

P8070027_1.jpg

最初の河原歩きで「早く水にボチャンしたいんだよねー」とか言っていたO崎くん。
下の写真の滝に取り付くまでに水流に何回も流され、早くも水に嫌気がさした様子。まだまだ先は長いよー。

P8070051.jpg

先日の釜川と前日の丹波川では増水していて、ちょっとした水流でも物凄い力で押してくるので水に入ることに慎重でした。少しのミスが文字通り命取りになり兼ねない状態で、常に緊張感をもっていましたが、今回は平水。
気軽に水に入って、存分に泳ぎを楽しめました。やっぱり沢はこうでなくっちゃ。

GOPR1131.jpg

P8070106_1.jpg

P8070075.jpg

GOPR1165.jpg

DSCN0310.jpg

さて、いよいよ核心のホラ貝ゴルジュ。
3人が通過するだけなら何も問題ないのですが、問題はO崎くんと荷物の通過です。

GOPR1086.jpg

荷揚げもそれなりに大変そうなので、僕は荷物を持ってロープを引いていきます。
残置ハーケンにスリングをかけて、ロープは通さずに突破。
何回やってもそれなりに難しい。でも、荷物持っていても落ちないんだから5.10前半でしょう。

P8070124.jpg

引いてきたロープを使って他のメンバーの荷揚げ。
もしも荷揚げが難しければ、僕が戻って、O崎くんの荷物を背負ってもう1度登るつもりでした。
でも、下と協力することでうまく荷揚げできました。

GOPR1103.jpg

そうなると、あとは各々楽しく突破するだけです。
O崎くんはこの日のために学生時代以来のボルダリングを3回ほどやったみたいだけど、フリーでは突破できず、僕が設置したスリングを掴んでの突破となりました。
最後にリッキーがスリングを回収しながら登って終了。
誰も落ちることなく、とてもスムーズに突破できたと思います。

さて、核心のトラバースを超えた後も、楽しいウォータースライダー登りが待っています。

DSCN0338.jpg

G0021148.jpg

散々水と戯れたら、明るい河原で休憩です。
時間があれば両門の滝ぐらいまで行く予定でしたが、行けば行くほど翌日の同ルート下降が面倒臭いので、早めに行動を切り上げることにしました。

GOPR1167.jpg

そうなると、やることはただ1つ。
焚火だ、焚火だー!

P8070235.jpg

P8070254.jpg

明るいうちから呑み始め、しょうもない話で盛り上がるのでした。
O崎くんは二児のパパ、リッキーは四児のパパです。
家では決してできないようなトークで学生時代に戻る時間。最高ですね!

翌日の下山はお楽しみウォータースライダーと飛び込みです。

DSCN0381.jpg

これがすごくうまくできている!
ウォータースライダーは人が安全に滑れるギリギリな感じだし、飛び込みも危険ではないけど怖い高さで最高。

DSCN0409.jpg

最後の飛び込みは下から見ると低そうだけど、上に立つと高い!
いい感じに飛び込み台もあるし、釜もまあまあ深いので怪我することも無さそうです。

なんと、ここでリッキーが飛び込んだ衝撃でカメラをロスト。
ゴーグルをつけて釜に潜って無事発見。
最後まで楽しませてくれる沢でした。

DSCN0371.jpg

シビアな遡行も達成感があるけど、こういう気軽な水遊びは最高に楽しいですね。
毎年1回ぐらいは同窓会沢山行をやりたいものです。
スポンサーサイト



水と格闘!増水の丹波川〜一ノ瀬川

チッペと青鬼新メンバーのワタルくんの3人で丹波川〜一ノ瀬川を遡行しました。

ワタルくんは東京大学の山岳部出身で、故新井氏の意思を継ぐ山岳スキーヤーです。
今は東大大学院で雪崩の研究をしているとのこと。
彼の論考「登山の責任論」は山岳地域で活動する全ての人が読むべき文章だと思うので、リンクを貼っておきます。

登山の責任論

沢登りの経験は多く無いですが、大きめの沢に一緒に行く予定なので今回は練習山行の位置付けです。
直前にウェットスーツもゲットして気合十分、楽しみです。

三条新橋の近くに駐車して入渓。

DSCN0233.jpg

ん??濁ってる?増水してる?

DSCN0266.jpg

DSCN0270.jpg

DSCN0258.jpg

DSCN0238.jpg

DSCN0223.jpg

丹波川は増水が激しく、まともに水に入ることが許されない場面も多かったです。
でも、側壁はホールドが多く、ヘツリで突破できました。
どこまでがヘツリでどこからが高巻きかはよくわかりませんが、おそらく一度も高巻くことなく、全て沢沿いに突破できたんだと思います。

一番厳しかったのが、下の写真の渡渉です。

DSCN0215.jpg

DSCN0210.jpg

DSCN0197.jpg

最初に僕がロープを引いて渡渉しましたが、ボルダリング的な不確定なムーブの連続で、流されるギリギリのところでした。ジャンプしてホールドに飛びついたり、足デットから足先行ムーブだったり。
もしも流されていたら命に関わる事故になっていた可能性も高いです。
2人目以降はロープを頼りに渡渉しましたが、それでもバランスを崩せばロープから脱出できずに溺れるか、脱出して流されるかの2択を迫られる可能性がありました。
なんとか全員無事に突破できたから良いけど、ちょっと安全マージンを小さくしすぎた気がします。

丹波川は砂金が多いです。
濁った深緑色の流れの横でキラキラ光る砂がなんとも幻想的です。

DSCN0288.jpg

DSCN0243.jpg

先日行った釜川も増水していたので、増水に対する閾値が下がってしまったようで、結構普通に楽しめました。
ただし、一回、簡単だけど高めのヘツリの途中で足を滑らせてしまいました。
そこまでヤバイ場所ではなかったので油断していて、外傾スタンスに不用意に足を乗せたら他の場所と違いフリクションが無かったのです。
その結果、2メートルほど下の水流に落下し、そのまま数メートル流され、白濁に巻き込まれてしまいました。しばらく浮かぶことができず、浮かんでなんとか呼吸をした瞬間、また沈み、少し焦りました。落ち着けば背が立つような場所ですが、これだけ水が渦巻いていると、上下もよくわからなくなって、非常に危険な状態に陥ることを身をもって知りました。
油断から足を滑らせたことが最も大きな反省点です。全ての場面でロープを出していては時間が足りないし、ロープを出しても安全が確保できるとは限りません。重要なのは、落ちてはいけない場面では絶対に落ちないこと。落ちる可能性が有り、有効な確保もできないのであれば敗退すること。

DSCN0203.jpg

DSCN0194.jpg

DSCN0185.jpg

4時間ぐらい歩く(泳ぐ)と、一ノ瀬川と柳沢川の分岐に着きました。
まずは左側の柳沢川に入って、花魁淵の見学です。

DSCN0252.jpg

しかし、淵の手前の小滝突破が難しそうなので淵の中までは入れず。
今度、穏やかな時に淵まで行って水中眼鏡で底を覗いてみたいです。

さて、二俣まで戻って今度は右側の一ノ瀬川に進みます。

しばらくは河原歩きで退屈です。
そのうちゴルジュっぽい部分も現れるけど、丹波川で格闘してきた水流と比べたら全く迫力が無くて、気軽に越えていきます。

一箇所、突破できないゴルジュ小滝があったけど、これも流されても瀞まで押し流されるだけなので緊張感はありませんでした。この小滝は瀞の手前にあるフィックスロープを使って高巻き。釣り師向けの看板なんかもあって、困難なゴルジュと行った雰囲気はありません。

その後もこれと言った困難は無く大常木沢出合いに到着。
そこから10分ほど歩いて、よく踏まれた道から脱渓。ひと登りで道路に出ます。

DSCN0295.jpg

帰りの林道歩きの途中、後続パーティーに重大事故が発生していたことを知りました。
僕たちが笑いながら遡行している間、ほんの少し下流で深刻な事故が起きていたのです。
実力や装備のことはわかりませんが、いずれにせよ、自然の前では無力であり、僕たちのメンバーに同じことが起きても全く不思議ではありませんでした。
最近、増水した沢に行くことが多く、なんとなく水への慣れのようなものが生じてきている気がします。こんな時こそ気を引き締めて、「危険」と「困難」を見極めながら進んでいこうと思います。

ゴルジュ入門?水根沢

せっかく晴れているので、出勤前に沢登りしてきました。
アクセスも良くて行程も短くて楽しそうな沢を探したら、まさにこれしかないって沢が見つかりました。
そう、水根沢。

奥多摩湖の無料駐車場に駐車。

DSCN0138.jpg

目の前の分岐を水根沢上流方面に向かって歩いていきます。

DSCN0139.jpg

道は自然と入渓点に導かれていきます。

DSCN0140.jpg

お、思ったより水量に多いちゃんとした沢じゃん。

DSCN0141.jpg

あとは、どんどん登ります。

DSCN0153.jpg

DSCN0145.jpg

DSCN0151.jpg

DSCN0148.jpg

DSCN0152.jpg

全ての滝が無理なく直登出来ました。もちろん残置物には触れずに。
けど、クライミングをやったこと無い人には突破できないかもしれません。
また、腰以上を濡らさずに突破することも難しいと思います。
つまり、まともに登れば、それなりにゴルジュ突破の雰囲気を楽しめます。

フリーで突破が難しい人は残置物を使えばどうにかなると思います。
また、使ってないから詳細はわからないけど、巻道や懸垂下降用ロープなんかも設置してあるので初心者にも安心です。
初心者を連れて来ればヘツリとか懸垂とか泳ぎとかシャワークライミングとか色々体験することができると思います。

なんて便利な沢なんだ!


下山も楽々。
駐車場往復で1時間30分ぐらいでした。

DSCN0159.jpg

釜川右俣に行ったけど増水で大変だった

友人とホラ貝ゴルジュにいく予定だったけど、延期になったので、じゃあちょっとお散歩に行こう。
ってことで釜川にお散歩に来たらこんな感じだった。



DSCN0018.jpg

DSCN0019.jpg

曇り予報なのに、なぜか本格的に雨が降っている。
駐車場の他のパーティーは行くかどうか逡巡している様子。
ま、とりあえず行ってみる。
駐車場から踏み跡を10分ほどで取水口。
水が茶色い。えっと、こんなに増水してるなんて想定外なんですけど。
たぶん普通は堰堤の上を歩けるんだと思うけど、脚がもっていかれそうで、転ぶと堰堤の上から吹っ飛ばされるので、堰堤下を無理やり渡渉。

その後も水と格闘しながらジワジワ進むと、がっつり巻いた後続たちに抜かれた。

DSCN0022.jpg

時にはスクラム。
時には高巻きから懸垂。
時にはヘツリ。
1番やばかった渡渉は、水泳選手のように頭から飛び込んで流心を超えて本気クロールで対岸へ。見ていた別パーティーが拍手してくれた。「オレは絶対やりたくないけど…」とか呟いているのが聞こえた。

DSCN0028.jpg

GPTempDownload 35

ヘツリもやばい。
普段なら「ぼちゃん、あはは」だろうけど、今はぼちゃんしたらあっと言う間に流されてヒョングっちゃう。ので、一応、ロープ出したりしたけど、どっちにしろ落ちたらヒョングった後に流心でぶら下がって身動きできず溺死するパターンな気もする。

GPTempDownload 45

何時間もかかってやっと二俣。
1つ目の滝に取り付けず、右岸から高巻き3ピッチ。
懸垂で降りたら2条CS滝。これはもともと高巻く滝なので素直に左岸から高巻き。
降りたら、ホンモノの2条CS滝。やれやれ、高巻く。

GPTempDownload 32

別パーティーはどうやら敗退したようだ。荷物の感じから日帰りだろう。
僕たちは泊まる準備をしているので、とりあえず行けるところまで行くことにする。

雨は本降りになったりやんだりを繰り返していたが、徐々に青空が見えてきて太陽も射し始めた。
だけど、すぐに水が引くこともなく、三ツ釜手前の長瀞の突破はできそうもなかったので、その手前の河原で幕場を探す。

DSCN0038.jpg

足元まで水がきているけど、天気予報ではこれから雨が降ることも無さそうなのでここでビバーク。
手元の遡行図では1時間ほどの距離に6時間かかった。

薪は大量にあるけど、僕の焚き火技術では火をつけることはできなかった。
チッペも食材調達に失敗。
お互い修行が必要なようだ。
少し寂しい夜だけど、酒を呑んで星空を見上げれば、明日の遡行への期待感で心が満たされる。

DSCN0042.jpg

チッペは梅酒飲んでサキイカ食べながら「食い寝してるのー」とか言いながら寝てしまった。

DSCN0047.jpg

明け方3時。
トイレに起きるとすごい星空。
水量もかなり減った。

翌朝、簡単に朝食を済ませて5時過ぎに遡行開始。
さっそく、昨日は全く通過できそうもなかった長瀞と小滝に挑む。

GPTempDownload 52

まだ少し濁りはあるものの、人類が通過できるレベルの水量だ。
どうやら敗退せずに前へ進めそう。

DSCN0071.jpg

ちょっと行くと、待ちに待った三ツ釜の登場!

GPTempDownload 60

これまで本やネットの写真を見て、「きっと実物はもっと迫力があるんだろうなー」と想像していたけど、まさにその通りですごい迫力。でかい。

セオリー通り右のリッジをチッペがリード。
上部スラブに砂利がのっていて掃除しながらの登攀で悪そう。

DSCN0073.jpg

GPTempDownload 61

滝上からの景色は独特。
雪で磨かれた黒いスラブ。さらさらと流れる白い滝。不釣り合いに巨大ないくつもの群青の釜。これらが異様な光景を作り出している。
渓谷美が好きな人は絶対に行くべきだ。

DSCN0078.jpg

その後もなんやかんや色々楽しませてくれる。

DSCN0056.jpg

DSCN0100.jpg

DSCN0033.jpg

DSCN0094.jpg

朝はやや濁っていた水も、午後には透き通り、ただ純粋に遡行を楽しめる。
登っても登っても綺麗な瀞とか釜とかあって、ついついプカリでリゾート気分。

GPTempDownload 14

今日は稜線まで詰めあげるのは不可能なので、林道からエスケープ予定。
となれば急ぐ必要もなくて、竿を出す。

DSCN0086.jpg

が、釣れず。
その代わり、ミズナを大量にゲット。
高巻きで僕が必死にロープを伸ばしている時に採取したようだ。

DSCN0110.jpg

それほど困ることもなく今回の脱渓地点の林道に到着。
最後にもう一度竿を出すが釣れず。
僕も貸してもらって降ってみるも上空の木の枝が釣れた。

DSCN0135.jpg

橋の上で装備を解除。

GPTempDownload 17

最初は藪漕ぎ。

GPTempDownload 19

ヤド沢と出合う頃にはすっかりちゃんとした林道になる。
けっこう長くて精神的に参ってきた頃、駐車場着。
お疲れ様でした。

GPTempDownload 21

家に帰ったら、さっそくチッペがミズナを茹でてくれました。
これがシャキシャキですごく美味しい!
醤油マヨ和え、きんぴら風炒め、にんにく味ぽん、全部美味しかった!

IMG_6805.jpg
IMG_6807.jpg

さて、やっと梅雨が明けて本格的な沢シーズン到来ですね。
今年はいくつか大きな沢にも挑戦したいので、ワクワクが止まりません!

奥多摩から武蔵五日市へトレイルラン

4時に起床にして目的の沢に向かって関越道を走るが、どうも雨脚が強まっている。
高速道路で運転していると概して雨は強く感じるものだけど、三芳パーキングエリアに車を停めても、やっぱり本格的に降っている。
天気予報は絶望的。
大雨注意報が出ていて30mm/h降ってる地域のゴルジュには流石に入れない。

その日は諦めて帰宅し、2度寝してから街デート。
翌日も雨模様だけど、2日連続、休日を街で過ごすわけにもいかないので、トレランすることにした。

ちょっと普段と雰囲気を変えて、電車を使った山行を計画。
そんなに無理なく電車ならではの縦走的なラインを探すと、奥多摩駅と武蔵五日市駅を繋ぐのが良さそうだ。
最後に温泉に入れるのも最高。
コースタイムは8時間弱。始発で奥多摩駅に行き、4時間で走れば、温泉に入って13時半のバスに間に合う。

イギリスで使っていたトレランシューズは履きつぶしてしまったので、今回は新しシューズをおろした。
hokaoneoneのスピードゴート最新版のゴアバージョン。
噂通りふわふわでロードで走りたい感じではないけど、長時間行動には良さそう。
ま、今日はたった4時間だけど。



奥多摩駅に8時半頃到着。
雨だけど、それなりに登山者はいる。晴れの日はどんだけいるんだろう。
ランナーもちらほら。

まずは愛宕山へ。急な石段でいきなり心臓が爆発しそうになる。
でも、それがアップになって、残りの行程は強度を上げずに進めた。

走り出しちゃえば雨も気にならないし、よく整備された登山道は、時々水たまりはあるものの、概ね快適に走れる。
むしろ涼しくて、晴れてるよりも良かったと思う。

そして、なんとルート中の最高地点の大岳山では雲が切れて景色も楽しめた。

116289974_2994972153945483_4156324145217799490_o.jpg

登りでは、どうしてもチッペと差があるので、僕にとってはちょっと物足りないペースになってしまう。
ところが下りでは一転、チッペは物凄い速さで転がるように走る。
動体視力測定ゲームみたいだな、とか考えながら必死についていく。

機能性シューズのおかげで脚も元気。
最近は沢シューズで山道を歩いていたので、それと比べると超快適だ。
驚くのはゴアの性能。雨の中、ぐちゃぐちゃの道を走っているのに、靴の中がびちょびちょになることはなかった(湿りはした)。

予定通り12時半頃、瀬音の湯に到着。

115967909_2994972173945481_6337101226075860590_o.jpg

山の中のひっそりとした施設を想像していたんだけどトンデモナイ。
観光客でごった返す近代的なスーパー銭湯でした。900円/人だし。

バスで武蔵五日市駅まで移動して、電車で帰宅。

116133587_2994972213945477_6762045084824433766_o.jpg

16時オープンの近所の焼肉屋で乾杯しましたとさ。

公共交通機関を利用した登山は運転の負担が無いし、山を越えられるのが魅力的。
ただし、着替えを持って登らないといけないのがちょっと面倒かな。

さて、そろそろ梅雨明けしてくれないと困っちゃうよー。
太平洋高気圧がんば!
プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR