fc2ブログ

季節の変化を感じながら暮らす

アリキタリナコトではあるけど、季節の変化を感じながら暮らすことの幸せを感じています。



我が家は標高約700mなので、都内より少し遅れて春がやってきます。うちの裏山もやっと桜の見頃を迎えました。
駅から家までの10分の間に、標高の変化に合わせて木々の様子が変化していくのを眺めるのが楽しいです。

さて、先日、思い立って、庭に花壇を作ってみました。

278611313_4876259072483439_152539053190323032_n.jpg

初めてなのでよくわかりませんが、ピッケルのブレードで硬い地面を耕して、購入した土を入れただけです。
そこにコスモスの種を蒔いたり、栗とか金柑の木を植えてみました。

278614673_4876259122483434_4295853361211269767_n.jpg

それから数日経ちましたが、コスモスは無事に芽を出してくれました。
あんまりオシャレな庭を作るつもりはないですが、素朴で美しい花に囲まれるような家になったらいいなと思っています。

278660132_4876259319150081_8643411021072561556_n.jpg

ご近所さんたちのお庭はみんな素敵で、一斉に花が咲きました。
うちは坂の下500mから見える、ご近所の中でも一番目立つ位置にあるので、恥ずかしくないような庭を目指します。

さて、部屋の中にも春がきました。
裏山から調達してきた桜も元気に咲きました。

278755594_4876258969150116_1011524743084309558_n.jpg

庭での焚火も気持ちが良い季節です。
お隣の小学1年生の息子さんも「今日はお庭でマッシュール焼くのー!」って言ってました。
僕たちはサーロインステーキ焼いたけどね。

278574420_4876259382483408_8487353462213523161_n.jpg

278603513_4876259429150070_3269038412066556679_n.jpg

毎朝、目を覚ますたびに季節が1歩進んだことを実感できます。

遠くの山肌がまた少し緑になった。
雪の色が少しくすんだ。
楓の葉っぱがちょっとひらいた。
コスモスの芽が1mm伸びた。

そんなことを感じながら暮らすことに豊かさを感じます。

278609784_4876259485816731_5126238019248600733_n.jpg

さて、来月出産なので、ぼちぼち東京定着します。
山梨に来れる日が減ってしまうのは残念ですが、東京には東京の楽しさがあることも知っています。

そうそう、樫山のアプローチ。
熊さんも元気そうなのでご注意ください。

278706914_4876259209150092_1997583694110687647_n.jpg

スポンサーサイト



今シーズンのスキーまとめ

この冬は、山を始めてから最も山と遠ざかってしまったシーズンでした。
山に行かないからブログの更新も滞ってしまいます。
出張、各種講習会、ちっぺの妊娠などがあって、山に行けない日々ですが、これも全て来年以降に存分に楽しむための布石なので今は我慢です。

そんな中、スキーは10日ぐらいだけ行くことができて、いくつかの楽しい体験と学びがあったシーズンでした。

まず、1番良かったことは、白馬で素晴らしい条件の押出沢を滑れたことです。



僕たちは雪崩に対するマネージメントをしっかり学んでいないので、厳冬期のバックカントリーには消極的でした。
でも、滑る技術も少しずつ上達してきたし、雪の斜面への理解も深まってきたので、自分たちの力だけで厳冬期のバックカントリーに行ってみました。

274506154_4729465283829486_3319785367128898974_n.jpg

超メジャールートでいくらでも情報はあるし、周りにたくさん人がいるので、これが自力で行った山行とは言えないかもしれないけど、それでも全ての判断を自分でやるんだから、やっぱり自分の山って感じがします。
実際に、僕たちが行った日にもこの山域で雪崩による死亡事故が発生しているので、気を引き締める必要があるのは言うまでもありません。

274248584_4729465287162819_5662494404523703086_n.jpg

その日は、上から下まで全部パウダーという最高の体験ができました。

274493843_4729465290496152_3403653871405234250_n.jpg

スキー場に戻る車道も雪がつながっていたので、スキーを履いたまま移動できて楽ちん。タクシーを呼んだり、車を2台準備する人も多いと思いますが、全くその必要もなく、残り時間はゲレンデ練習に費やすことができました。
この日は全てが上手く行った日でした。

277525516_4821080091334671_4285960839424466217_n.jpg

それから、今シーズンは新しい板とブーツを買いました。
今の板とブーツは購入から9年経ちましたが、これといった不満はありません。ただブーツの経年劣化は心配です。ということでブーツの購入を考えていたけど、どうせなら板も一緒に買っちゃえ!って感じです。

9年使用した板はLINEのセンター109mmの山を楽しむ感じの板です。
新しい板はAtomicのセンター97mmで、もう少しゲレンデでも楽しめそうな板にしました。安いし。

太いことで有利なのは「浮かぶこと」だけど、パウダーってむしろ「沈むこと」を楽しんでいるのではないだろうかって気がしたので、とりあえずこれ以上太い板は今は必要ないと感じています。
それよりはもっと「滑ることそのもの」の練習をしたくて、この板を選びました。安いし。
デザインとか全然気に入っていないけど、練習用の板と割り切って滑り込みます。安いし。

277477196_4821080004668013_463540904822222798_n.jpg

ということで、5年ぐらい前に1シーズンを通じて習っていた苗場のコーチに久しぶりにレッスンをお願いしました。
5年前には理解できなかったことが、今はしっくりきたりして、自分の成長を感じると共に、はるかに大きな伸び代があることを確信させてもらえました。

277461945_4821079991334681_5423125141060068389_n.jpg

スキーとトレランとクライミングは子供ができても取り組みやすい分野だと考えています。
来シーズンはもっと真剣にスキーに取り組んで、憧れのルートあれこれに挑戦していきます。

白馬でスキーしてきた

元旦は実家に帰って、両親、兄弟、甥姪たちと食事をしました。

IMG_2197 2

その後は特に用事がなかったので白馬でゆったりスキーして過ごすことにしました。
初日に白馬まで移動するのは面倒だったので、中間地点の白樺国際で足慣らし。

IMG_2214.jpg

圧雪ゲレンデしかないので、真面目にカービングの練習。
大人になってからまともに始めたスキーなのでなかなか上達しませんが、それでも上を目指し続ければ、10年後には現段階では想像もつかないレベルに達することが可能って知っているので、ちょっとずつでも頑張ります。

さて、ゲレンデトップからクロカンコースがあったので、行ってみました。

IMG_2262 2

最初はちょっと登りがあって面倒くさいけど、蓼科山が綺麗に見えたので得した気分でした。

IMG_2266.jpg

その後は白馬方面に移動。
白馬は宿がやたら高いので信濃大町のビジホに泊まることにして、早速、夕飯の店探し。しかし、正月休みでほとんど空いている店がありません。

ってことで、ホテル目の前の焼肉屋をまさかの2日連続で利用しました。
美味しかったから全く問題なしです。

IMG_2271.jpg

自宅ではテレビが見られないので、ホテルで久しぶりにテレビを楽しみました。
酒飲みながらテレビ見て、ちゃんと正月らしく過ごしています。

IMG_2273.jpg

翌日からは栂池やら八方やらで滑ったり転んだり踠いたり潜ったり沈んだり浮かんだりしました。

IMG_2290.jpg

IMG_2314.jpg

先シーズンぐらいから、ちょっとずつ危険な白い粉の魅力がわかってきました。
とりあえず、リフトから見えるパウダーを楽しんでいる多くの人たちみたいに、もっとはしゃぎたい。
そのうち、DVDとかYouTubeの中の人ぐらいはしゃげたら最高。

IMG_5535.jpg

最終日は天気が良さそうなので軽くバックカントリーへ。
春はよく行くけど、厳冬期のバックカントリーはリスク管理の難しさから、自分たちだけで行くことは避けてきました。
正直、雪とか雪崩についての知識や経験はほぼ皆無なので、そんな状態で山に入って良いのかどうか迷うところではありますが、一方で、山に入らなければ経験も積めないのも事実。

ってことで、リスクが超低そうな裏コルに行きました。

ゲレンデトップにスキー場出口があります。

IMG_5538.jpg

林の中には2日前の雪がまだ豊富に残っていました。
だいぶ重くなっているけど、それなりの傾斜のある場所でまっすぐ落としてスピードに乗れば浮遊感を楽しめることがわかりました。

IMG_5540.jpg

IMG_5550.jpg

あっという間にゴールの堰堤に到着します。
僕が読んだガイドブックでは「テクニカルな堰堤」と表記されていたので、板を担いでよじ登ったりすることを想定していましたが、板を脱ぐこともシールを着けることもなく、普通にくぐれました。

IMG_5546.jpg

IMG_2341.jpg

でも、その後のミニスノーブリッジ通過がちょこっとテクニカルでした。

IMG_2345.jpg

後はスキー場をひたすらトラバースしてコルチナへ戻ります。
終了点は静かなカフェで、コーヒーを一杯いただきました。ゲレンデの端っこにあるので、客も少なくて(というか全員、裏コルから戻ってきた人)で、良い雰囲気でした。

IMG_2355.jpg

結局、午前中に3本回しました。
さすがに雪が重くなってきたので、午後はゲレンデ内の荒地修行とカービング練習で終了。

271533480_4567782399997776_3715427936201761807_n.jpg

2E1B4AF3-580C-4FBE-88EF-3F4C2D4B23B5.jpg

さて、そんなこんなで山梨に戻ってきました。
今年は家族が1人増えるので、3人で山を楽しんでいきたいと思います。
そのためには父が強くなければいけないので、スキーもクライミングもランニングもこれまで以上に気合を入れて頑張ります!

D6A7FFC3-F133-4924-8977-C17C5D5B858C.jpg

今年もよろしくお願いいたします!

ジョーゴ沢と南沢小滝でアイスクライミング

今シーズンの初アイスに八ヶ岳に行ってきました。
天気予報はイマイチだったけど、山に入らないと山の感覚が鈍ってしまうので、とりあえず赤岳鉱泉までは行くことにしました。

山の準備に広い土間が大活躍です。

9C3553B0-ABF3-4756-A7AD-3A92DF28EF39.jpg

トレーニングを兼ねてテント宴会装備、岩ギア、アイスギアをフル歩荷しました。
結局、スクリュー数本使っただけだったけど。

IMG_9970.jpg

赤岳鉱泉では新設された診療所にご挨拶に伺いました。
つい長々とお喋りしてしまい、僕のモチベーションも上がりました。山岳診療所のありかたとか、山岳医・山岳看護師がプロとして働く方法とか、色々と考えさせられました。
つい先日の遭難事例(ビバークの末、自力下山)などについて詳しい話を聞くことができました。やはり僕が感じたのは「事故事例の共有方法を確立すべき」ということです。
学会発表とか書籍とかで事例が紹介されることはあるものの、普通の登山者が日常的にアクセスできる場所に、豊富な情報が集積されるシステムを構築したいです。

IMG_5503.jpg

さて、天気が悪かったので稜線には抜けずにジョーゴ沢で遊びました。
F1は左岸は登りも下りも歩き、右岸は登りは歩きで下りはクライムダウンって感じでした。

IMG_5505.jpg

F2は普通に遊べました。

IMG_5507.jpg

こんな天気なのに数パーティーが取り付いていました。
いつも思うけど、それほどガチじゃない山屋さんも多いと思うんだけど、辛くないのだろうか…。レジャースキーの人とかも大雪の中、普通に楽しんでいるのを見ると「偉いなあ」と感じます。
僕なら山小屋とかホテルでゆっくり酒でも飲みたくなる。

IMG_9971.jpg

夜はテントで鍋パ!

IMG_2103.jpg

熱燗も!

IMG_2105.jpg

そして朝はうどん!

IMG_9968.jpg

2日目は下山途中に南沢小滝へ立ち寄りました。
左岸のハングとか細い氷柱とかをトップロープで遊びました。

IMG_9974.jpg

美濃戸口から40分ぐらいで帰宅。
近い!

装備の乾燥にも広い土間が大活躍です。

IMG_2108.jpg

さて、そうこうしているうちに年が明けました。
昨年は東京ど真ん中の職場に異動になると同時に、山梨県に引っ越すというエキストリームなムーブを繰り出しました。
山でも仕事でも多くの方にお世話になり、またご迷惑をおかけしました。
今年はさらにエキストリームなムーブを繰り出すような気がしますが、暖かく見守っていただけると嬉しいです。

今日から新しい年ではあるものの、僕にとっては新たな道に進む決意をしてから実行するまでの過渡期真っ只中なので、新しい感じはしません。今年は人生の中でも特別な意味を持つ年になるはずですが、改めて今年の目標とかは設定しません。あえて言うなら各種資格の取得ですが、元旦に決意するようなものでもありませんので。昨年と同様に今年も淡々と前に進んでいきます。

と言うことで、大晦日は9時半就寝、正月は6時に起きて、ルーチンの英語学習からスタートしました。

IMG_2111.jpg

それでは、今年も1年間、安全登山で頑張りましょう!

下呂温泉に行ってみた

時には宿でゆったりしようか、ということで下呂温泉に行ってきました。

まずは中央アルプスと裏(表?)南アルプスを眺めながら中津川へ。
中津川は中山道の45番目の宿場町で栗きんとんが有名らしいです。
ということで運転しながら栗きんとんをいただきました。栗そのものって感じで美味しかったです。

269868154_4540041049438578_2809719368877001076_n.jpg

下呂温泉近くの合掌造りの村へ立ち寄りました。
最近は日本史と地理を勉強しているので、旅行の楽しみ方も広がりますね。
これまでは、文化財系には全く興味が無かったけど、今は寺社仏閣とかも見て回りたいと感じます。

269925414_4540041536105196_7899880702252363898_n.jpg

269819299_4540041496105200_4503965753300638167_n.jpg

泊まったのは「しょうげつ」という宿。

269918928_4540041066105243_7997340032921943391_n.jpg

ビルの中に川とか池とかありました。

269924391_4540040312771985_3277579500617190118_n.jpg

ビルなのに、1部屋ずつ軒とかあって離れみたいな雰囲気でした。
窓のサッシを隠したり、縁側に相当する部分を1段下げたりすことで、外への広がりを感じられるデザインでした。きっと、開口部が広いだけではこの開放感には至らないと思います。

270304795_4540041439438539_1426500718825874538_n.jpg

僕たちの部屋は最上階でした。
なんかすごく広い部屋で、どの場所も素晴らしい居心地でした。

269968370_4540041299438553_1655541058661272836_n.jpg

とは言え、僕はずっとソファのある部屋の端っこに座ってテレビを見たり勉強したりしてました。
今も同じ場所でこのブログを書いています。
いつかこの広い空間を使いこなせる日が来るのだろうか?

270016795_4540040416105308_8653351000726658265_n.jpg

食事は1階の個室でいただきました。
若い男性が担当してくれたんだけど、

「どちらからいらっしゃったんですか?」
「山梨です」
「やまなし・・・って、どこでしたっけ?」
「東京の西です」
「遠い所からありがとうございます」

という衝撃の会話が繰り広げられました。
ちなみに、とても親切で良い感じの方だったので気持ちよく食事を楽しめました。

270280335_4540040209438662_669437147653107406_n.jpg

魚も肉も美味しかったです。
肉を自分のペースで焼けるのが嬉しかったです。

270042912_4540041182771898_6968027208509904170_n.jpg

夜はテレビでSASUKEを見てたけど、途中で寝落ちしました。
朝風呂で朝焼けを楽しんだ後、朝食も同じ場所でいただきました。

270070844_4540040226105327_10103938320597707_n-2.jpg

さて、そろそろチェックアウトの時間です。
おかげさまでのんびりした時間を過ごすことができました。
それでは良いお年をー。
プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR