FC2ブログ

旭川合宿10日間

年末年始は北海道旭川で10日間過ごしました。
主な目的は、スキーとアイスと飯とホテルでぐーたらテレビ。



1日目:富良野スキー
2日目:層雲峡アイスwithちゃーさん
3日目:ほろたちスキーwithちゃーさん
4日目:神居古潭クライミング、
5日目:カミホロ化物岩
6日目:カムイスキーリンクス
7日目:黒岳登頂&バックカントリー
8日目:旭岳登頂&バックカントリー
9日目:カムイスキーリンクス
10日目:旭山動物園

スキーは自分の実力がついたこともあり、満喫できました。
数年前から真面目に取り組んできたけど、やっとゲレンデを飛び出してもいいだろう、と思える技術レベルに達したように感じています。
これまでも関東周辺のゲレンデパウダーは積極的に滑ってきたけど、上手い人たちが楽しんでいるような「底付き無し」とか「腰パウ」とか「オーバーヘッド」とか「呼吸できない」とか「止まると沈む」なんかは味わったことがありませんでした。今回は旭岳でこれに近い状態を楽しめました。気持ちよく滑れたのは一瞬だけど、今後はこの世界をもっと深めていきたいです。

49206041_2047032088707648_4414681829974474752_n.jpg

今回の旅行で一番の景色は、旭岳山頂です。

49213380_1848142631961780_3914538171165048832_o.jpg

雲を抜けると、天国でした。
難しい山ではないけど、北海道最高峰に良い形で登れたので満足です。

それと黒岳も印象的でした。
TKさんが亡くなった山でもあり、チッペの強い希望で登りました。
頂上でチッペが「ちょっとトイレ行ってくるねー」と言ったのは何かのフラグかと思ったけど特に何もおきませんでした。

飯はだいたい行きたい店には行けました。行けなかったのは「零亭」。正月休みが長くて断念。
ミシュラン一つ星の「鮨みなと」は当然素晴らしかったけど、北海道の良い所はどんな店のどんな食材も安くて旨いこと。茶谷家の宅呑みも楽しかったです。
泊まったのは星野のOMO7。ビジホ並の値段でちょっといい感じのステイを楽しめました。朝食ビュッフェも良い。

年末年始なのでホテルでぐーたらテレビも見ようと思っていたけど、酒と疲労で毎晩22時には寝落ちしてしまい、まともにテレビは見られませんでした。いつかは大晦日のテレビを見ながら正月を迎えたいものです。

最終日は旭山動物園に行きました。
夏とは違う雰囲気で楽しいです。吹雪かれたりして試されます。

49259710_1850962148346495_1468059880932769792_n.jpg

49577040_2049590308451826_7856760138152017920_n.jpg

旭山動物園は、動物展示以外にも、スタッフ手書きの展示物が多くあり、どれも動物たちへの愛情を感じます。
これらの展示を通じて、環境のこと、生命のこと、人間のこと、など多くのことを考えさせられます。動物園の価値を再認識しました。

そんなこんなで充実した10日間でした。
来年の正月はイギリスにいるのかな。
スポンサーサイト

黄連谷右俣を駆け抜ける

黄連谷右俣は時期が早すぎると凍らず、遅すぎると雪で埋まるため、気持ちよく登れるチャンスは少ない。
近年は温暖化の影響で、凍るのが遅くなり、ますます登りにくいルートとなっている。

で、だ。
そういう気持ちで天気予報を追っていると、めったに訪れない黄連谷右俣をノーストレスで登れるThe Dayが土曜日にやってくることに気が付いた。
これは行くしかない!

15日(土)0時過ぎ、自宅発。
2時30分、尾白川駐車場
2時45分、歩行開始。
6時30分、五合目

4

徐々に明けつつある空が甲斐駒頂上付近に反射し始める。
明るくなるのを待つか迷ったけど、どうせ適当に下るだけなのでヘッデンでアプローチ開始。

五丈沢右岸側の適当な支沢を下降し、左岸よりへトラバースしつつ下る感じ。テープなどは見つけられなかった。
8時頃、谷底着。

12

坊主の滝は凍っている。これはいい!
ロープは出さずに登攀開始。
上部が薄くて、ちょっと気持ち悪かったので、僕がフリーソロで抜けた後、そのセクションだけ上からチッペを確保。

そして、いよいよ氷の回廊のスタート!

2

9

前爪だけでどんどん駆け上がる。
平らな場所があると、ほっとふくらはぎを休ませて、また前爪で駆け上がる。

10

先行パーティーも抜いて、本日の先頭を行かせてもらいました。

6

やっぱり今日は最高だー!
なんて思いながら登ると、すぐに氷パートは終了。
あとはひたすら詰めあがる。

右股は初めてだったのでよくわからず、いつの間にか左岸の尾根上にいたので、そのまま尾根を登ることに。
見下ろす右股本流は完全に雪崩地形。こりゃあ、雪崩事故も起きるわけだ。早めに尾根に上がっちゃって正解な気がする。

14

尾根はハイマツとシャクナゲの藪がうざくて難儀。
ところどころ垂直近い木登りもあって、パーティーによってはロープを出すことになると思う。
後続の皆さん、変なトレースつけちゃってすみません。
でも、これはこれで楽しめた。

11

一歩ずつ視界が広がっていく、頂上直下の高揚感はたまらない!
14時頃、頂上着。

7

15

夕飯までに小屋に辿りつける自信が無かったので、素泊まりで申し込んだけど、この時間なら夕飯にありつけそう。
となれば、急いで降りよう!

15時過ぎ、七丈小屋着。
無事に夕飯をいただくことができました。最高。

8

ぐっすり眠って、日曜日は素晴らしい朝焼けの中、下山しました。

3

温泉入って、Dillでランチして、午後は小淵沢で山岳医のミーティング。
夕飯食べて、渋滞もなく20時半帰宅。
なんか、全てがうまくいった週末でした。
気持ちよかった!

カトマンズで登山医学会に参加した

2年に一回のISMM congress(登山医学会)が今年はネパールのカトマンズで開催されました。
j自分の発表はないけど、世界ではどんな研究が行なわれているのかを知りたくて参加してきました。

結論としては、「登山医学として基礎研究を行っている人はほとんどいない」ことがわかりました。
ほとんどの発表はケーススタディと臨床統計と施設紹介で、病態メカニズム解明を目指す基礎研究は全体の1割にも満たないでしょう。中国のチームは精力的に高所医学の基礎研究しており、日本も見習うべき部分かと思います。

日本には登山医学に関する基礎研究を行っているグループはほとんどありません。
これはぜひとも我社がやらなければならないでしょう。既にちょっとずつその方向で動きつつあるので、将来が楽しみです。

それでは、あとは写真を何枚か。

航空券をケチったので苦労の多い移動でしたが、機内からのこの景色には感嘆。



学会はYak & Yetiというホテルで行われたので、それに合わせて宿泊もここで。

46499173_1987437654667092_2736874931923976192_n.jpg

良くも悪くもカトマンズに居ることを忘れてしまいそうな快適な宿泊でした。1泊150ドル/roomぐらい。シャワーもサービスも食事もなんの不満もありませんでした。英語も通じます。もう少し格を落とした方が異国情緒は味わえるかもしれません。

IMG_2943.jpg

ホテルを一歩出れば、そこはもう混沌の街。
排気ガスと香辛料とお香と獣の臭いが充満する空間。鳴りやまないクラクションと途切れることの無いバイクに怯えて道路横断できないでいる観光客をしり目に、地元の人はおしゃべりしながら横断していく。遅れまい、と慌ててついていく僕たち。
狭い路地の両脇は一目でバッタ物とわかるthe North Faceのカバンやダウンが積み上げられ、その隣には薄暗い酒場、布を売っている店、ナイフを売っている店と続く。どの路地も無造作に束ねられた電線の上にタルチョと豆電球がかかり、すぐに方向感覚は失われてしまう。

オンサイトで食事をするのは少し勇気がいるのでミキティに飲み屋に連れていってもらったら、こんな感じでした。

IMG_2938.jpg

あとは偉大なシェルパたちと焼肉とか。

46510965_1221774747961811_1258114414851129344_n.jpg

朝はホテルから4kmぐらい離れた猿寺までジョギング。

46680939_1988259554584902_1596093672070316032_n.jpg

街を見下ろす高台にあるんだけど、街は埃の底に沈んでいて、朝陽は異様にオレンジ色でした。

IMG_2952.jpg

何もかも埃っぽくかすむ街の中でこの花だけが鮮やかに輝いていたのが印象的でした。

IMG_2962.jpg

野良犬はそこらじゅうにたくさんいますが、人間のことはあまり気にせず、お互い無視して生きています。
でも、おそらく人間が餌をくれることも知っているのでしょう。こちらが関心を示すと、大抵の犬は寄ってきて「何かくれるの?」と見上げてきます。何ももらえないとわかると、また知らんぷりです。
犬が人間を嫌わないと言う事は、そこで生活している人間が優しい証拠でしょう。貧しい国ではあるけど、荒んだ雰囲気ではありませんでした。

IMG_2986.jpg

あとは、ジムで登ったり、ヒマラヤ山脈を眺めに行ったり、お寺に行ったり、紅茶屋さんに行ったりしました。

IMG_3001.jpg

タルチョを買って、家に張りました。
再来年の秋、山に登るためにこの地を再び訪れることに決めました。

ドライツーリングのコンペに出てみた

10月22日にベータで開催されたドライツーリングコンペに出場しました。

このブログを読んで下さっている方はほとんどクライマーのはずですが、それでも「ドライツーリングって何?」って方もいらっしゃるかと思います。
簡単に言うと、アイスアックスをホールドに引っ掛けて登るってことです。

手はアックスを握っているので全てガバ(アックスのグリップ)です。
そして、ピックの先端がホールドに引っ掛かっているだけなので、正しい方向に引き続けないと外れてしまいます。
つまり、「ガバホールドを正しい方向に引き続けながらスタティックに次の手を出す」を連続して行うクライミングです。
これって絶対にフィジカル、特に体幹勝負だよね。
いい線いくんじゃね?

そんな訳でエントリーしようと思ったのですが、カテゴリーが「ビギナー」と「エキスパート」の2つしかありません。
いい線行くんじゃね?って思っているのに「ビギナー」は無いし、かと言って初めてのドラツーで「エキスパート」も無いでしょう。
結局、主催者の1人である雪山。さんに相談させていただき、一度、講習会を開いていただきました。

44149957_1742303305879047_6902279531508269056_n.jpg

雪山。さんには丁度いい具合の課題を設定してもらい、フィギア9、4連続の練習をしました。
赤岳鉱泉とか岩根山荘とかでアイスのついでにちょっと人工壁で遊んだことはあるもののフィギア4とかやったことありません(あ、ミーちゃんカップにも出場したことあるけど、ほとんどアイスだし、ドライは全部キャンパだったし)。
やってみるとキャンパより遥かに楽なことがわかって、DTSなんて発想が生じるのもなとなく理解できました(わからない人は調べて下さい)。フィギア4だけでなく、フィギア9から入る有用性もよくわかりました。

あとは垂壁トラバースの練習など。予想通りだけど、僕はこっちの方が苦手でした。
で、「ビギナー」は垂壁中心、「エキスパート」はハング中心なのことが予想されるので、「エキスパート」で出場することに決めました。

ピックを有利な形状に削ること、咥えやすいようにテーピングを巻くこと、滑らないグローブを準備する事を言い渡され、講習は終了しました。

さて、ピックはなんとなくそれっぽく研いだし、テーピングも巻いた。
あとはグローブなのですが、医療用手袋が薄くて良いかと思い、破れてもいいように5セットほど準備しました。

そして当日。
エキスパート男子の出場者は5人。
なんか持っている道具から次元の違いを感じます。1本十数万円のアックスとか…。まるでクチバシのようなピックとか…。
真のフィジカルモンスターのEさんも居るし。
全く勝てる気がしませんが、全力を尽くすのみ。

予選は3課題。ベルコン方式。
オブザベの段階では完登マストな気がしたものの、まさかの1課題目の垂壁が時間切れで登れず。2,3課題目のハングは問題無く一撃。



結局、決勝には5人とも進めました。主催者の優しさを感じますね。
だがでもしかし、決勝課題はオブザベ段階から相当やばい香りがします。
僕は見たことないような小さなくぼみとか、有り得ないような距離とか。

44731938_530433324045739_4103579619100196864_n.jpg

ほとんどまともに登ることができずに決勝が終わってしまいました。
でも、みんな似たり寄ったりで何とか3位に滑り込めました。

44649036_1749838735125504_8107247415448305664_n.jpg

結果はともあれ、とても楽しいコンペでした。
新しく知り合えた方もいたし、久しぶりに会えた方もいました。
商品も豪華だし(ミレーのザックをいただきました)、運営もしっかりしていました。
ぜひまた開催してほしいです。

それにしてもドライの選手はあの課題を楽々登ってしまうのでしょうか?
それとも、それなりに苦戦するものなのでしょうか?

いずれにせよボルダリングで鍛えたフィジカルだけでは太刀打ちできない次元なのはわかりました。
この先に、まだ僕の知らない広い世界が広がっているんだな。

御前岩と瑞牆で登った

先週末は土曜日に御前岩、日曜日に瑞牆に行きました。
チッペがヨセミテ行っちゃって、毎晩1人でプシュだし、週末もなんだかパッとしない感じです。北アルプスを走るプランもあったんだけど雪が降っちゃたしねえ。

てなわけで、山岳医仲間のリョウくんを誘って(リョウくんから誘われて?)御前岩へ。
リョウくんは1人で行くつもりだったとのこと。僕はいったい何を悶々としているのだろう。

御前岩は2回目。リード練習はほとんどしていないので、ボルダーチックな課題でお茶を濁す作戦(やっぱりモチ低め)。アップの でアップアップした後に「Gyagya」(8a)にトライ。
1便目でどうにかムーブはできたものの、核心の一手はかなり難しい。1級ぐらいはあるだろう。
2便目は一応登るつもりで気合を入れるも最初のランジで失敗。核心のために力を温存しすぎた。そして核心パートは1便目より苦労してしまった。ま、その甲斐あって少しは洗練させられたかも。他のルートもやりたいのでとりあえず宿題に。

次は「vertere」(7c)にオンサイトトライ。トポにボルダラー有利的な事が書いてあったし、どう見ても得意な傾斜。でも核心はルーフ上の垂壁パートでした。よくある話ですね。ムーブ探って、2便目でRP。わかれば難しくない。
そしてルート名のvertereは奥多摩のクラフトビール由来っぽいので、下山後に呑むことを決心。

20181027064146447.jpeg


リョウくんがRPした「ぬかよろこび」(7c)にヌンチャク残してもらってトライ。ムーブ全てを頭に入れて、本気でフラッシュ狙いにいくも、ほぼ1手目でフォール。そのまま2便目でRP。内容としてはほとんどフラッシュできただけに最初のフォールが悔やまれる!

夜は奥多摩周辺でキャンプする予定だったけど、なんとキャンプ場が一杯で入れない!温泉も整理券で順番待ち!時間が遅くてvertereを売ってくれないなど。
今考えると奥多摩で泊まった事無いかも。勝手が分からず色々ギクシャクしてしまう。さらに料理用のガスが不足していることも判明し、結局、御岳のpizzaをテイクアウト。vertereも奥多摩駅前のスーパーで買えました。
適当な場所で佐賀牛ハンバーグだけ焼いて車中泊。ま、キャンプ場に泊まるのと何の差も無いんだけどね。
あ、pizzaはかなり美味しかった!生地が薄くて軽く食べられる。デッドエンドの近くです。ぜひ。

翌日はリョウくんと別れて瑞牆へ。
「インドラ」が本命。あとは「高野聖」など。
ってつもりだったけど駐車場でジム仲間たちに会って、何となく「美しき日」(二段)へ。歯が立たず。あの傾斜は得意なんだけど、歯が立たず。周囲の課題は瑞牆の中では登りやすいグレード感だと思うんだけど「美しき日」は別格ですね。
あとは毎度の「千里眼」(二段)に打ち返されたりして終了。

キャンプ用に買った鍋具材一式を自宅で食べました。

201810270641440ad.jpeg
プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR