二子山で「即身仏」はじめました

「任侠道」(5.12d)を登ったあとは、なんとなく流れで「唐獅子牡丹」(5.13b)のトライを始めたけど、目標を「即身仏」(5.13c)に変更した。
というのも、「唐獅子牡丹」周辺はトライしている人が多すぎて自分のペースで登れないってのが第一。
第二は、洗練されたムーブを見過ぎた結果、それをトレースする作業になってしまい、自分でムーブを組み立てる楽しみがあんまり無い。
第三は、核心の一手が極端に難しすぎて、その一手でワンテン状態がしばらく続くことが容易に予想できたから。

だけど最大の理由は、「即身仏」が憧れのルートだから!

IMG_5686.jpg

10年以上前に初めて二子山に来た時に、「あんな所を登るの!?」と驚いた。
トポを見るとそのグレードは5.13cで、当時の僕にとってはトライする対象にはなり得なかった。ただ、「あそこを登ったら気持ちが良いだろうなあー」という程度の感覚だ。

クライミングを続けていくうちに平山ユージの「即身仏」というルートの価値がわかってきた。
それにともなって、少しずつ、「いつかは登りたい」という気持ちが湧いてきた。
そして、「スプラッシュ」を完登したことで、グッと現実的な課題、つまりトライする対象として「即身仏」を意識するようになった。

正直言うと、僕にはまだ早いと思う。
被った石灰岩には慣れていないし、「任侠道」と「即身仏」の間には大きな隔たりがあることも理解している。
でも、二子のクライマーはみんな自分の憧れたルートに真摯に向き合っている。
だったら僕だって「即身仏」にトライしてもいいはずだ。

IMG_5611.jpg

今日の記事とは関係無いけど、スーパー小学生クライマーのリクくんが、岩場で読んでいたのは宗田理「僕らのシリーズ」。
おじさんも20年以上前に全部読んだんだぞー。何回も何回もだぞー。
やっぱり本には本の良さがあるよね。なんだか嬉しくなりました。

IMG_5629.jpg

二子山通いも早いもので4週目。
僕のお気に入りの宿は小鹿野ゲストハウス(通称、おがゲス)。3500円と安くは無いけど、とても居心地の良い宿です。肉焼いたり、鍋したり。ストレッチもやり放題。車中泊とか民宿には無い楽しみがあります。

IMG_5732.jpg

さて、話は戻って「即身仏」。
このルートの魅力はズバリ「独立性」。まずビレイポイントからして陸の孤島。なのにハンギングじゃなくてちゃんと地面があるという。まるで、プライベートVIPルートといった趣きだ。最近、この壁に2本の5.14が追加されたが、「即身仏」より難しいルートだから、まあいいだろう。この壁の価値は保たれる。

もちろんルートの内容も素晴らしい。徐々に難しくなっていき、終了点ホールドを掴むまで全く気が抜けない。前半と後半でちょっと難易度が違いすぎる気もするけど、トライ早期から終了点近くで勝負できるのでモチベーションが高まる。核心は後半部分全部。とりわけ難しいムーブも無いけど、どこでも落ちそう。最高じゃん!

IMG_5716.jpg

三連休の2日目は疲労もあったのでマルチなんかやったりして。
宿題だった「スーパータジヤン」(5.10d)をこなして、そのまま中央陵をコンテでお散歩。何回登っても気持ちの良いルートです。

弓状に戻ってからは気になっていた5.11シリーズの一撃トライ。
まずは「オ•ララー」(5.11b)。いーさんとかロッシーさんがめちゃくちゃ悪いっぽい(スプラッシュと比較しちゃうぐらい悪い)話をしていたので緊張したけど、普通に登れた。あなた方の成長スピードが早すぎるのではなかろうか。
(あ、そうだ、お二人ともスプラッシュ完登おめでとうございます!)

次に「ビッグモモ」(5.11c)。これは難しかった。けど、力で捻じ伏せ、なんとかオンサイト。

お次は「ピヨピヨ」のつもりだったけどルートの7割は「マイライフ」(5.12a)と共通する上、見た感じ、内容の9割が「マイライフ」だ。だったら「マイライフ」やればいいか。一部分ムーブを見ていたこともあってフラッシュ成功。オンサイトだったら失敗していただろうな。

IMG_5730.jpg

3日目は「即身仏」に戻ってきた。
アプローチ部分(5.12aぐらい?)はできるようになったけど、それなりにパンプして、核心突入の直後にテンションしてしまう。
核心部分だけやっても、まだ終了点までは到達せず。でも、下8割、上8割で繋がってるので、核心パートの完成は近い。
これを5.12aの後にこなすことはまだまだ不可能だけど、途方も無いって感じでもない。
残り少ない春シーズンだけど、もしかしたら登れるかもしれない。

IMG_5681.jpg

もう暫く二子山通いが続きそうです。

Read more

杉野さん

杉野さんがクライミング中の事故で亡くなった。
こういう事故から最も遠そうなクライマーなのでショックは大きい。
詳細がわからないから事故そのものについて言及するつもりはない。

ただ、言葉にして残さないと、いつの間にか「過去の出来事」になってしまう気がして、今の自分の気持ちをココにメモすることした。

僕は杉野さんとはっきりした面識があるわけではない(もちろん僕は一方的に良く知っているが)。
でも、岩場で見かけることも多かったし、最近では会えば会釈をするぐらいの関係ではあった。
最近知ったのだが、このブログも読んでくれていたようだ。

名前はずっと昔、僕がクライミングを始めた時から知っている。たぶん平山ユージの次に僕が認識したフリークライマーが杉野保だと思う。
始めて実際に目にしたのは2008年11月の二子山。その頃、僕はまだ5.11もろくに登れなかったから、杉野さんの強さはよくわからなかったけど、ヤマタケさんが苦労しているルートを軽々と登る姿が印象的だった。
その後、岩場で時々目にすることはあっても直接話すことは無かった。

最後にお会いしたのは今年の1月6日のシーサイド。
講習会だったけど、受講生に知り合いがいたこともあり、少し言葉を交わすことができた。
その日の「スプラッシュ」(杉野さん初登)のトライは、いつも以上に緊張した。たぶん杉野さんは僕のトライなんてこれっぽっちも気にしていないだろうけど、それでも僕は見られているような気がして、頑張ろうという気持ちと恥ずかしい気持ちで足が震えた。

本当に偶然、昨日、杉野さんのwebページを眺めていた。
フリークライミングのスタイルについてちょっと気になることがあって、色々なwebページを見ていて、そのうちの1つが杉野さんのページだった。ページ内の「クライミング用語集」を「アイソレーション」から順番に全て読んだ。
その後、奥様が書いている「たまにっき」の記事をいくつか読んだ。

杉野さんの書く言葉は、皮肉が効いているが、誰かを蔑むものではなく、クライミング文化の変化を受け入れ発展させていこうと言う意欲を感じる。
そして奥様のブログ記事は、直接杉野さんのことを書いていることは多くないけど、行間から杉野さんのクライミングに対する真摯な態度を感じることができる。

杉野さんがクライミング界に残したモノは、はかり知れない。
だけど、本当に活躍するのはこれからだっただろう。これからの日本のクライミング発展に欠かせない人物だったはずだ。
無念。

「スプラッシュ」と「てるてる坊主」を登ったのも何かの縁なのかもしれない。
今年は彼のルートを積極的に登ることにしよう。

「任侠道」(5.12d/13a)を登った

先週からトライを始めた「任侠道」(5.12d/13a)を昨日RPできました。
正直に言うと、もう少しサクッと登るつもりでいたのですが、6日も費やしてしまいました。
やはり、一筋縄ではいかない素晴らしいルートですね!

初めて触った時のこと。
全てのムーブが簡単で、核心と言われているダブルアンダーからの2手も、核心だと気がつくこともなく解決してしまいました。クリップが一箇所、怖かったけど、慣れれば問題無いと思いました。
なので、「他のルートにトライしながら片手間でやってればすぐに登れる」と勘違いしてしまいました。

それから3日後、僕は困惑していました。
問題のクリップが、依然として問題のままなのです。
前腕をなるべくフレッシュに保つためにムーブもしっかり練って、本気モードに突入です。
その結果、クリップポイントまではほぼノーダメージで辿り着けるようになりました。が、それでもクリップができず。

平日を挟んで、翌週。
前の週は連登の疲労が溜まっていただけだろう、と楽観的な気持ちでトライしました。が、やはりクリップできずにヌンチャクを掴んでしまいました。
このクリップ以外は、もう全く落ちる気がしません。それなのにクリップできずに登れないなんて…。

スポーツクライミングは、ボルトを打つことによってルートが完成します。
つまり、スポーツルートは岩と初登者の合作です。
「任侠道」に関して言えば、僕は、「岩」と言うよりも、「初登者」に苦しめられているのです。

本来、クライミングは「自然と自分との対話」だと考えるのが自然でしょう。
だから僕はボルダリングやトラッドが好きです。
ボルトが打たれた時点で人工物になってしまう気がして、あまりスポーツクライミングに打ち込む気にはなれませんでした。
ちょっと話は違うけど、ボルトルートなのに登攀スタイルとか論ずるのも違和感がありました。上からぶら下がって打たれたボルトをどれだけ使ってハングドックしようがセコイとは思えないし、トップロープも全くカッコ悪くありません。マスタースタイルと普通のレッドポイントの差もよくわかりません。極論を言えば、「トップロープで登れたら完登」の方がスポーツとしては合理的です。

しかしそれは、「合理的に岩を登る」という観点であって、「初登者の作品としてのルートを登る」という観点が抜けていました。
僕にとって「任侠道」は岩との対話と言うよりは初登者の飯山さんとの対話でした。
なので、トップロープでの完登とリードでのレッドポイントでは全く意味が違います。
トップロープで登れれば僕にとって「岩登り」は完結しますが、飯山さんとの対話を放棄したことになります。

そして昨日。
例のクリップでまごついてしまう明確な理由は未だによくわかりませんが、とにかくそこだけが問題点として残っていました。
一瞬、スキップしてしまうことも頭をよぎりますが、その場合、上でフォールするとグラウンドする可能性があります。
これは容認できないリスクです。
では、もう少し上まで登ってからクリップできないか?
1手進めて左手ガストンは?非常に苦しい。
ではさらにもう1手進めて右手ガストンは?片手を離すのは楽。しかし、ロープをかけるべきカラビナはかなり左の方で、すでに足元。ボルトに手は届くものの、カラビナまでは届かない。つまり、この状態でクリップするには、ヌンチャクとロープを片手で操って先端のカラビナにロープをかける必要がある。それも足元の!

さて、このクリップを実行するかどうか。
冷静に考えればリスクは殆どありません。むしろ、普通にたぐってクリップするよりも安全なぐらいです。
しかし、恐怖心はかなり大きくなります。
論理的に考えれば、「危険で無いことに対する恐怖」は避けるべきものではなく、克服すべきものです。
挑戦しない理由がありません。

こうしてトライしたその日の最終便で無事にレッドポイントできました。

「スプラッシュ」のカンテから先に残されたワクワク感や、「任侠道」の乗り越えるべき恐怖感は、岩というよりは初登者が創り出したものです。

スポーツクライミングも楽しい!
そしてリードすることには意味がある!

そんな当たり前のことを今更ながら実感することができました。
結局、「任侠道」は僕にとってもマイフェイバリットルートの1つとして忘れられないルートになりました。

来週からは「唐獅子牡丹」!
楽しみです!

二子山で「任侠道」はじめました

城ヶ崎で「スプラッシュ」(5.13cd)を登った僕は、気を良くして二子山にやってきた。
数字1つ下の「任侠道」(5.12d)を軽く片付けてやろう、と。

金曜に有給とって4連休。
今回のパートナーは「医者なのに意識高い系クライマー仲間」のTKD。
毎日、それなりに真面目に登りました。



クライミングを始めた頃から通いこんだシーサイドと違い、二子山には数回しか来たことがない。
その数回も、悪いイメージばかりだ。
二子山中央稜を登って、ついでにトライした「悪魔のエチュード」(5.10a)で激パンプしたり。
初めての5.12aを目指して「いとしのエリー」と「ノースマウンテン」にトライして、どちらにも歯が立たなかったこともある。
唯一まともに登ったのは数年前の「青い目のセリーヌ」(5.12c)ぐらいだ(←完登動画)。でも、このルートはほぼボルダリングだから、実質、二子山のルートをまともに登ったことは無い。

IMG_5579.jpg

そこで、「任侠道」だ。
このブログの読者であれば「任侠道」を知らない人はいないだろう。今さら説明するまでも無いが、二子山唯一の四つ星ルートで、平山ユージもマイフェイバリットルートとして紹介している。登った人全てが絶賛する超すごいルートのようだ。

だけど、正直、見た目はこれといった特徴はない。
「スプラッシュ」の方が100倍ぐらいカッコいい。モチベーションが上がる。
同じ二子山でも、左端のスカイラインのあたりはめちゃめちゃ魅力的だ。あそこを登れたら最高の気分だろう。それとか、岩壁を上まで貫く「ノースマウンテン日本一」や、ハング帯にあるのに遥か頭上のさらなるハングを抜ける「ふりかえるな」なんかは登攀意欲が湧いてくる。
これらのルートと比べれば、「任侠道」はショボい。さらに、ツララとかアンダーとかが湿っている。
グレード的にも、周囲の高難度ルートに埋もれて、全く輝くものがない。

ということで、僕の「任侠道」へのイメージはあまりポジティブなものではなかった。

IMG_5588.jpg

流石にいきなり「任侠道」はルール違反な気がするので、まずは軽く「ホテル二子」(5.11c)でもやるか、と取り付いたものの民宿にチェックインせずに核心に突入し撃沈。2便目で登れたものの、もう、二子はパンプのイメージしかない。

「ノースマウンテン」(5.12a)も避けては通れない。
こういう長いルートはほとんど登ったことが無いので苦手意識があるが、何回もやりたくないので一発で決める覚悟で取り付いた。
過去にトライしているし、ビレイもしているので全くオンサイトではないけど、これといって情報を集めた訳でもなく、完全に忘れているので気分はオンサイトトライだ。
ところどころレストを交えつつジリジリ高度を上げていき、ニーバーで良いレスト体制へ。上を見ると、5m先に終了点が見える。
「レストはうまくできているし、登れたようなもんだぜ!」と思って動き出すものの、どうしても良いホールドが見つからない。チョークは付いているのに、全部悪い。
焦る。
指が開きつつある。
パニクる。
前腕が熱くなる。
ふと右を見ると、ちょっと下に明らかなガバサイドホールドがある。あれかー!
3手ほどクライムダウン。ニーバーまで戻ることも考えたけど、それまでに落ちそうだ。一か八かでガバサイドへデッド。とまったぁ!でも、もう落ちそう。2手ぐらい進むと、終了点ホールドを認識できたが、もう前腕が限界。
すると下から「アンダーでも持てる!」の声が。なんだと?こうか?おお、持てる。ちょっと体勢を整えて、最終ホールドへ渾身のデッド。登れた〜。
ということで、無事に「ノースマウンテン」はRPできました。充実の1本でした。

IMG_5574.jpg

お次は「ペトリューシュカ」(5.12b)。
まあ、数便でRPすればいいかなーってぐらいの気持ちだったんだけど、TKDが本気でオンサイトトライするって言うから、しょうがなく僕も真剣にトライ。
下部はほとんどガバに見えるけど、一箇所、難しそうなところがあった。オブザベ段階で「ここは勝負」と決めていたので、迷わず遠い一手を出して成功。無事に上部へ到達。
またもやニーバーでレストできるが、岩が冷たくて手の感覚が戻ってこない。もうニーバーも限界で、しょうがなく動き出すものの、何を持っているかのかもよくわからない。右手ガバアンダーでクリップなんだと思うけど、それもできず、とりあえず左手を伸ばし、明らかに右手で取るべきホールドを左手でタッチしてフォール。コンペで高度を稼ぐようなものです。だってTKDに負けたくないからね。
そのTKDは下部で迷走しテンション。よし!落ちろ光線が効いた!
で、TKDは翌日ちゃっかりRPしました。僕はと言うと、上部核心がどうもしっくりこなくて、とりあえず諦めちゃいました。完全に負けてますね。気分がのった日にRP目指します。

そして「任侠道」。
初めて触ったのは4連休の初日、「ホテル二子」のオンサイト失敗後。
「ホテル二子」でかなり粘ったので疲労感はあったものの、どのムーブも簡単に感じて好感触。「残りの3日をこのルートに捧げれば登れそうだなー」って感じ。
でもそれも勿体無くて、他のルートでも遊びながら、ムーブを組み立てていった。
ほぼムーブが固まったので3日目に初めての本気トライ。ムーブ強度的核心の2手をこなし、まだ腕は余裕があったので「登れちゃうかも?」なんて思った直後、6ピン目にクリップができずフォール。
これ、僕は「とんがりコーン」に乗ってクリップは無理です。そこだけやってもギリギリです。ってことでヒールでクリップに変更。
4日目は完登するつもりでトライしたのに、核心も突破できず、弱さを痛感。
4日間の疲労の影響は大きいけど、このぐらいの強度のルートであれば登っておきたいところ。やっぱり何かが足りないんだな。

初めはネガティブな印象だった「任侠道」だけど、いつの間にか、僕もこのルートの虜になっていた。確かにいいルートだ!運転中も風呂でもムーブが頭を駆け巡る。
でも、僕はすでに「任侠道」よりも「唐獅子牡丹」(5.13b)や「即身仏」(5.13c)への興味が大きくなってきている。
早く終わらせて、次のルートへ進もう。

IMG_5608.jpg

他に登ったのは、「クレーター」(5.11c)と「モダンラブ」(5.12a)。
どちらも2便目でRP。一撃できないのがやっぱり弱い。
両方ともボルダー的要素の強いルートで楽しかったです。

宿泊は「小鹿野ゲストハウス」に3連泊。
犬が嫌いでなければとても居心地の良い場所です。これからも利用すると思います。

IMG_5580.jpg

ってことで昼も夜も毎日楽しい4日間でした。
5月ぐらいまでは二子に通うと思うのでよろしくお願いします。

シーサイドで「シンデレラボーイ」(5.13ab)とか「てるてる坊主」(5.12d)とか登った

「スプラッシュ」(5.13cd)を完登した後も、チッペの「シンデレラボーイ」(5.13ab)に付き合うためにシーサイド勤務は継続中です。
※記事内のグレードは何種類かのトポを参考に僕が妥当だと感じる値を使用しています。
※写真は本文と関係あったりなかったりします。

IMG_5543.jpg

僕はちょっと燃え尽き気味で腑抜けていたけど、ちょっと「シンデレラボーイ」に触らせてもらうとムーブはすぐにできて、あれよあれよとワンテンになったので、RPを目指すことにしました。
僕たちの出勤は早いので、みんなが出勤してくるまでゆっくりムーブ検討と練習ができます。こうして全体を組み立てて3日目の1便目でRPできました。
これまで僕が登った5.13は「トップガン」とか「エンドルフィン」みたいなボルダリング系課題ばかりでした。「シンデレラボーイ」のような”ムーブ強度は高くないけど繋げてくるとヨレて落ちる課題”を比較的短時間で登れたことで成長を感じることができました。
自分の力を出し尽くした「スプラッシュ」と比べると、「シンデレラボーイ」はシークエンスや足位置に悩みもあったし、1つずつのムーブもまだまだ荒削りでした。だからRP便は本当にギリギリで、”チリコンの坊主叩き”で足が切れて今にも落ちそうでした。それでも粘ってリカバリーできたのは、(このぐらいのグレードにしては)ボルダリング能力が高かったおかげだと考えています。
苦手な持久力要素を高めつつ、引き続きボルダリング能力を磨いていきます。

IMG_5531.jpg

さて、「シンデレラボーイ」と並行して「てるてる坊主」(5.12d)にも取り組みました。
超有名人気課題の「シンデレラボーイ」に対して、「てるてる坊主」は、星付きルートが並ぶシーサイドにありながら無星の大不人気ルートです。それもそのはず、三つ星の「風に吹かれて」をあえて難しく登ったルートで、”わざわざ感”が否めないからです。それも実質2手の激ムズムーブという。
実際にトライしてみると予想以上に難しいムーブでしたが、ボルダラーの意地で解決し、すぐにRPできました。5.12とは思えない厳しいムーブ(1級以上はあると思う)ですが、ボルダー系が好きな人は楽しめると思います。

IMG_5493.jpg

いよいよやる課題も少なくなってきたので、とっておいた「パンピングアイアンⅠ」(5.12a)にフラッシュ(実質オンサイト)トライしました。そしたらレストとかよくわかってなくて中間部でテンション。落ちずにテンションしちゃったこととか、レストに気がつかなかったこととか、色々最悪なトライでした。
この日は、連日のクライミングで体もボロボロで、すごく難しく感じました。でも翌週には回復。上部はビチョビチョで緊張したけど、それでも全く落ちる気がせずRPできました。
このぐらいのグレードだと2便目で早くも課題の旬を通り過ぎてしまいます。だからもっと1便目を大切に味わう必要がありますね。ちょっと反省のルートになってしまいました。

86776578_2564557543653615_5043270557399777280_n.jpg

「パンピングアイアンⅠ」にフラッシュトライした後はダメ押しで「アイロンヘッド」(5.12a)にトライしたものの、僕の体は完全に終わっていました。上まで抜けることもせず降りてきました。
「スプラッシュ」と「シンデレラ」を登ったことで自分が強くなったと勘違いしていましたが、本当は5.12aもまともに登れなくて、今までと何も変わっていないことが確認できました。

86377346_2564557540320282_130709620187463680_n.jpg

別の日には「サーカス」(5.12b)のフラッシュトライをしました。上部は実質オンサイトトライです。
本当は上部を「スプラッシュ」と共有する「サーカスライト」(5.12d)の一撃を狙っていました。ヌンチャクもかかっているし。
だけど、ビレイをしに来たチッペが、
「『サーカスライトとか舐めたこと言ってないでサーカスやりなさい』って皆んな言ってたよ(にこり)」
とヌンチャクを渡してきました。
ってことで「サーカス」をやりました。結局、カンテのレストまでは行けたものの、その上で落ちてしまいました。あと1手で完全レストポイントだっただけに残念でした。それに「サーカスライト」だったら登れていたと思います。
でも、今回は限界まで粘れたし、納得のいくトライができたので楽しかったです。最上部は案の定ビチョビチョで緊張しましたが。

86268522_2564557530320283_1614465162750722048_n.jpg

さて、これで約2ヶ月続いたシーサイド勤務も終了です。「アイロンヘッド」と「サーカス」は登れていないけど、いつかこの地に戻ってきた時の楽しみにとっておくことにします。あとは「コロッサス」(5.13a)ですね。

IMG_3595.jpg

来週からは二子山に通うことにしました。
これまでスポーツクライミングにあまり魅力を感じなかったけど、「スプラッシュ」に真剣に取り組んだことで、その面白さを知ることができました。

IMG_3575.jpg

シーサイドの皆様、ありがとうございました!
二子の皆様、よろしくお願いします!
プロフィール

pecoma

Author:pecoma
こんにちは!
いつも笑顔のペコマです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR